最新コメント
月別アーカイブ

西暦(年)をクリックすると
その年の月別が表示されます。

カテゴリ

同一カテゴリの記事タイトル一覧が
30件づつ表示されます。

サイトないけんさく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相互サイト最新記事

【腐】中島「磯野ー……や、野球……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:17:59.56 ID:YZ0VpcoP0
中島「はぁ……」

いつからだろう。
磯野を遊びに誘うだけでこんなに緊張するようになったのは。

中島「磯野ー……」

いつからだろう。
磯野を好きになったのは。

磯野……気づいてないだろ?
僕、お前のことが好きなんだ。

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:18:28.89 ID:UTIBUza30
よっしゃホモスレやんけ!

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:18:28.95 ID:qu/PFuyX0
続けろ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:18:34.43 ID:UVK+zfz00
         ____
       /      \  
     /  _ノ  ヽ、_  \ そんなこと言われても
    /  (●)  (●)   \    どうすりゃいいのさ
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .
__l  l_.[] _____/_/__
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ
     |
     |
     |__   コロ・・・・
    _____\    コロ・・・・
   ()__)」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:18:37.82 ID:oDvq2DdT0
きんめえええええええええええあええいええええあ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:18:51.78 ID:4QTUalof0
なんだよこれ…

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:19:36.02 ID:LUJnV43Ti
アッーーーー!!!

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:20:13.40 ID:veSIJ8jl0
仕方ない、誰もが通る道だ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:20:14.01 ID:EiCV/7Pg0
まずうちさぁ、空き地あんだけど、打ってかない?

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:20:22.32 ID:0/ei2+sD0
プレイボール♂

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:21:10.68 ID:QKCkhzmWI
中島が危険な状態なのかと思って見たらもっと危険だった

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:21:36.03 ID:/C51OBWV0
磯野「あれ?中島、バットとボールは?」

中島「バットとボールならここにあるさ」

相互サイト最新記事
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:23:15.25 ID:YZ0VpcoP0
中島「……すぅー……はぁー……」

駄目だ駄目だ。僕と磯野は友達なんだ。
野球に誘うぐらい、普通だろ?

中島「……よし……大丈夫だ」

中島「磯野ーー!!」

中島「……」

ガラッ

カツオ「よっ、中島」

中島「おお磯……うわぁぁぁぁぁぁ!?」

カツオ「えっ!? どうしたんだ一体」

中島「なななななんで、裸なんだよぅ!?」

28: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:15) 2013/08/28(水) 00:23:43.95 ID:Ja/bOWcn0
安定の深夜のホモスレ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:23:44.16 ID:aO/RYInBI
恐ろしいスレに来てしまった

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:24:59.46 ID:fsDMAKLu0
VIPから芥川賞候補が出るとは

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:28:30.65 ID:YZ0VpcoP0
カツオ「ああ、暑いから上を脱いでただけだよ。そんなに驚くことじゃないだろ~」

中島「あわわわ、ととととにかく、着替えろよぉ! やや、野球しようぜ!」

カツオ「? 変な中島だなぁ。ちょっと待ってて!」ドタドタ

中島「……はぁ、はぁ……磯野、馬鹿だよ、馬鹿だよ!」


今見た映像が目に焼き付いて離れない。
健康的な肌、健康的なヘソ、健康的な乳首……。
こっちに腕を振るもんだから、脇も見えちゃったよ。

なんで、あんなに無防備なんだ。
なんで、あんなに無邪気なんだ。
なんで、なんで。

なんで、僕はこんなにドキドキしているんだ。

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:29:14.62 ID:0/zT+UWd0
なんでこういうのにかぎって文章力たかめなの

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:34:10.94 ID:YZ0VpcoP0
ガラッ

カツオ「おまたせー」

中島「あ、ああ……」

カツオ「……中島? なんでそんなに元気ないんだよー。野球に誘ったのは中島のくせに」

中島「えぇ? いや、そんなことないよ。ほら、行こうぜ!」

切り替えないと。

そうだ。僕と磯野は、友達。
一緒にいて楽しい、親友。
そうだよ。これで十分なんだ。僕は満足なんだ。
毎日のように学校で面を合わせて、休みの日には、いっぱい遊んで。

とても、楽しいじゃないか。それでいいんだ。

……いや。
そうでなくてはいけないんだ。磯野を傷つけないためにも。

そして、なにより……僕が傷つかないためにも……。

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:41:35.14 ID:YZ0VpcoP0
数分後

カツオ「……ナイスキャッチ!」

中島「おう!」

キャッチボール。
グローブを身につけ、本当に楽しそうに笑う磯野が僕は大好きだ。

中島「いくぞー……ほらっ!」

カツオ「……っとぅ!」

中島「ナイスキャッチ!」

さっきまでの緊張感は無くなっていた。
磯野を見ていると、こっちまで無邪気になってしまうのだ。

だけど……だからこそ、苦しいんだよなぁ……。

こんな時にも、僕は磯野に欲情している。
それが罪悪感に繋がっていることに、最近僕はきづいてしまったのだ。

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:42:36.15 ID:wlTcIQSh0
甘酸っぱい青春を感じるホモスレ

94: 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:15) DΩЯ@衛門 ◇5RNDfkNDOM 2013/08/28(水) 00:42:47.47 ID:FzHG1xZg0 BE:4333017986-2BP(27)
これは最高

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:44:36.14 ID:QKCkhzmWI
サマーウォーズの背景想像しちまった
www.amazon.co.jp/gp/product/B0083TDH6Y/

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:45:49.40 ID:YZ0VpcoP0
僕が息を切らしていること。
その原因は、決して運動じゃないんだ。

カツオ「はー…中島、そろそろ帰ろうぜ。暗くなってきたし」

中島「ん? ああ、そうしよっか」

カツオ「やっぱり野球は楽しいな」

中島「……なぁ、磯野」

カツオ「ん?」

中島「……楽しい、よな」

カツオ「え?」

中島「あっ……」


僕は何を言っているんだろう。
こんなこと言ったら、変に思われるに決まってる!

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:47:44.16 ID:SgpQUHvX0
中島が乙女すぎるw

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:50:35.41 ID:YZ0VpcoP0
カツオ「おい中島。今日、なんか変だぞ! 僕に隠し事しようとしても無駄だからな!」

中島「いやっ、そのっ……」

頭が回らない。

カツオ「水くさいなぁ。何かあるなら早く言ってくれればいいのに」

言葉が、まとまらない。

カツオ「僕達、親友だろ?」

中島「あの、忘れて、くれっ、なんでも、なくてっ、そのっ、」

カツオ「え? なに? 落ち着けよ中島」

何かが溢れそうになる。

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:51:46.29 ID:wlTcIQSh0
たまりませんなぁ

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:53:53.98 ID:YZ0VpcoP0
中島「ぁぁ……ぁぁ……えと」

カツオ「じゃあ、そこに座ろうよ。たぶん落ち着くからさ」

こういう時の磯野はしつこいんだ。

カツオ「……中島?」

中島「…~~!!」ダッ

カツオ「え!? おい、中島ぁ!! なんなんだよぅ、もう!」







気がついたら、逃げ出していた。

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:58:10.30 ID:YZ0VpcoP0
中島「……はぁ、はぁ」ダダッ

中島「……ぅぅ~! うわぁぁ!!!」

涙が溢れてしまう。

なんで、なんでだよ磯野。
お前本当は気づいてるんじゃないのか?
なんで僕を苦しめるんだよ。しつこいんだよ。
大体僕もなんだよ。余計なこと言ったからだぞ。なんだよ、逃げ出すって。

何してるんだよ。意味わからないよ。変人だよ。


なぜか湧いてくる磯野への理不尽な怒り。
不甲斐ない自分への怒り。

そして、嫌われたのではないか、という不安。終わってしまったのではないか、という不安。
それらに、押し潰されてしまいそうで。

涙が止まらなかった。

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:01:27.91 ID:YZ0VpcoP0
翌日

中島「ん……?」ムクッ

中島「寝てたのか……」

中島「はは、たぶん、目真っ赤だなぁ……」

中島「……うわ」



夢精していた。
そういえば、磯野と激しい汗だくセックスする夢を見たような……。



中島「……くそっ」ドン

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:04:56.19 ID:YZ0VpcoP0
苛立ち。
しかし。

中島「……」

中島「……磯野の写真、どこやったかな……あった」コソコソ

中島「……磯野……磯野……」


僕はどこまでクズなんだ。
しかし、気持ちいいな。
いつもよりも気持ちいいな。
磯野だな。

なぜこんなに気持ちいいのだろう。


磯野を求める気持ちが、強くなってきているのかな。

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:08:31.47 ID:YZ0VpcoP0
数時間後

中島「はぁ……」


野球をする磯野授業を受ける磯野喜ぶ磯野怒る磯野哀しむ磯野怒る磯野。

休み。さらに親がいないのをいいことに一通りの妄想磯野で抜くと、僕は倒れこんでいた。

こんなことしてる場合じゃないだろ。
磯野に謝らなくていいのか?
でも怖いな。本当に嫌われていたらどうしよう。
そもそもまた会った時にまともに話せないよな……。

その時。



ピンポーン

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:12:12.23 ID:YZ0VpcoP0
中島「……ん? 誰だろう……そんな気分じゃないのに」ムクッ

中島「……誰ですか……あれ?」ガラガラ

花沢「……」

中島「花沢さん?」

花沢「よっ」

中島「あ、うん。珍しいな花沢さんが僕の家に来るなんて」

花沢「まぁね」

中島「……?」

花沢「……」


なんだろう。
なにか、雰囲気がちがうような……。

中島「ど、どうしたの今日は」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:16:26.31 ID:YZ0VpcoP0
花沢「磯野君に聞いたわの。中島くん、昨日何かおかしかったんですって?」

中島「げっ。き、聞いたのか…」

花沢「詳しくね。顔を真っ赤にして逃げ出したそうじゃない?」

中島「お、お恥ずかしながら……」

花沢「中島くん」

中島「あの、このことは言いふらさないでおくれよ。変な人だと……」

花沢「男同士なんて気持ち悪いと思うわよ」


……え?

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:17:04.93 ID:qOokWaZY0
花沢さんの先制攻撃

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:19:51.80 ID:UTIBUza30
花沢さんとは恋のライバルか

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:20:43.44 ID:YZ0VpcoP0
中島「な、なにを言っているんだよいきなり~」ハハハ

花沢「磯野くんは女の子が好きなのよ。普通の男の子」

中島「いや、だから……」

花沢「それに、中島くんのことを信じてると思うわ。自分の親友だって」

中島「……」

……なんだよ。
いきなり来たかと思えば、好き勝手に言いやがって。

花沢「そんな中島くんに裏切られたと知ったら、磯野くん、どう思うでしょうね」

中島「……裏切り!? 裏切りって言ったのか、花沢さん!!!!!」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:21:40.62 ID:8fas5JGbP
中島言ってやれえ

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:24:11.07 ID:VjgkGfGD0
中島ヤッちまえ

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:25:04.04 ID:YZ0VpcoP0
花沢「……だって、そうでしょう? 自分で分からない? お子ちゃまね~」フフン

こいつ……!

中島「花沢さんに何が分かるんだよ!? 僕の気持ちが、好きだという気持ちが、磯野への裏切り!? どういうことだよ、説明しろよ!!!」

花沢「……本当は、気づいてるんでしょう? 中島くん……」

中島「……うる、さい。うるさい!!!」

否定したい。

でも。

そうだよ、僕は気づいているんだ。
気づいたのは最近だけれど。
はっきりと。


この、どす黒い罪悪感に。

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:31:34.27 ID:YZ0VpcoP0
花沢「中島くんは」

花沢「磯野くんが安心している間に」

うるさい、うるさい!

花沢「自分が男なのをいいことに、親友なのをいいことに、磯野くんと一緒に過ごして……」

花沢「間違ってるのは分かってるのに。裏切り以外の何物でもないと思わない?」

中島「くっ……そんなつもりはないよ! 花沢さんが大げさに言ってるだけだろ!」

花沢「でも、そのわりには苦しそうね?」フフン

中島「……くっ……!」

突きつけられると、改めて思う。
僕の磯野への好意は、間違ってる…。

花沢「……ねぇ、中島くん。別に私、責めたくてきたんじゃないのよ?」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:34:53.00 ID:7qiBffiy0
なぜこの文章力を他に活かさないのか

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:37:01.75 ID:YZ0VpcoP0
中島「え……?」

今さら何を……。
もうめちゃくちゃになりそうなんだよ。

花沢「ただ、私は、中島くんに筋を通して欲しいだけなのよ!」

中島「…筋を…通す…?」



まさか。
一瞬で花沢さんの意図がわかる。

いや、そんなの無理だよ。
わかるだろ、花沢さん?勘弁してくれよ。

花沢「男という立場を利用しない。親友という立場を利用しない。『磯野の親友の中島』はもうやめ」

花沢「『磯野カツオを恋愛対象としている中島』で、磯野くんと向き合いなさい!」

花沢「その上で!」

花沢「私と勝負! 私は、これを言いに来たのよ!」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:40:41.80 ID:UTIBUza30
花沢さん漢だな

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:40:51.05 ID:YZ0VpcoP0
……

思考が止まる。まとめようとする。
その間にも、花沢さんは間髪入れずに話し続ける。

「……私だって前から磯野くんのことが……」

聞こえている。
でも、頭で処理できない。

「……中島くんはずるいのよ。私だってもっと一緒に……」

勝負……だって……?

「……だから、はっきりさせるのよ……」

僕は男だぞ?
勝負になるわけ……

花沢「中島くん!!!!!!」

中島「っ!」ビクッ

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:45:09.18 ID:YZ0VpcoP0
花沢「どうなの!? この勝負、受けるの!?」

中島「ぼ……僕は……」

花沢「……」

中島「僕は……そんな……くそっ……」

花沢「……ごめんなさい。興奮しちゃったみたいね」

花沢「でも、私の言いたいこと分かるでしょう?」

中島「……ぅっ」グスッ

そうだ。まず、言うべきことがある。

中島「わかる……! わかるよ……! 今までごめん……! 卑怯な僕を、許してくれ……! 苦しい思いをさせてごめん……!」ポロポロ

花沢「あっ……な、泣かないでよ~」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:46:26.89 ID:0xUH/mBR0
「強敵」とかいて「とも」と読む

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:50:31.02 ID:YZ0VpcoP0
中島「ううっ、ううう…! ごめんよ……」ポロポロ

ごめん、ごめん。花沢さん、ごめん。
今まで、ごめん。
僕も磯野が好きだから、痛いほど気持ちが分かってしまう。

花沢「……あーもうっ! 私のことはいいから!」

中島「……花沢さん……」グスッ

花沢「はぁ、落ち着く時間が必要みたいね」

花沢「……そうねぇ。じゃあ、今が11時だからぁ……今日の午後4時。公園に集合! その時答えを聞かせてちょうだい」

中島「……わかった……」グスッ

花沢「うん、よし。それじゃあまた後でね。ばいばい」クルッ

中島「…… 」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:56:18.81 ID:YZ0VpcoP0
中島「……ありがとう、花沢さん……」ボソッ

花沢さんへの感謝の気持ち。
しかし、花沢さんのあんな姿を見ると、より自分の醜さが際立つような気がする、

勝負……か。
二人で磯野に気持ちを伝える…ってことだ。

花沢さんの気持ちに答えるべきだ。だけど……怖いんだよ。


今までずっと一緒にいて、磯野は当たり前のように僕の横で笑っていて。

磯野は僕にとって特別。しかし、思いを出すということは。

磯野にとっての僕も、特別になってしまう。
それも、おそらく悪い意味で。

それは、やっぱり嫌で。
でも、花沢さんの気持ちに答えたくて。

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:00:24.95 ID:YZ0VpcoP0
中島「……」



「……中島くんはずるいのよ」
「……裏切り以外の何物でもないと思わない?」
「……私と勝負!」




「磯野くんと、向き合いなさい!」



怖い。
でも、このままにするわけにはいかないのは分かってる。



気がつけば、僕は

磯野の家に足を向けていた。

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:00:29.85 ID:VhEvvuzc0
穴子「ふぐたくん、いいのかい?奥さんいるんだろぉ?」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:04:44.54 ID:YZ0VpcoP0
中島「はぁ、はぁ」ダダッ


まだ、思いを伝えるわけじゃない。
磯野と話すつもりもない。
ただ、ぐちゃぐちゃになった思いをまとめるために、確認したかった。

磯野の姿を一目見て、磯野への思いをもう一度整理したかった。



僕に、覚悟が出来るのかを。



中島「はぁ、はぁ」ダダッ


いつも、磯野を誘う時に通る道。
今日はどこか、違う雰囲気がした。

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:10:17.27 ID:YZ0VpcoP0
11:30ごろ

中島「はあっ、着いた……」ハァハァ

中島「……い、いそ……」


いつも以上に緊張する。

あ……そういえば、今、磯野とは気まずいんだったっけ……?

中島「……いそ……」

まるで、喉に張り付いてしまったかよように、声が出ない。

中島「……」


無理だ。
どうしても、声が出ない。

……なんて情けないんだ……

心臓の跳ね上がる音だけが大きくなっていく。

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:12:34.79 ID:YZ0VpcoP0
中島「……」

帰ろう。

本当にごめん、花沢さん。
いっぱいいっぱい謝るからさ。
許してくれ。

これからは、磯野とは距離を取るからさ。




だから




磯野と向き合えなんて、言わないでくれ。
どうか、情けない僕を許してくれ。

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:15:41.37 ID:YZ0VpcoP0
……

変わらなくても、いい。







波平「む……君は、中島くんか?」

中島「……えっ!? はは、はい!!」ビクッ

波平「やっぱりそうか。こんなところで何をしておる」

中島「そっ、そそそそちらこそ、何を!?」

波平「わしか? わしは散歩から帰ってきたところでな」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:18:26.52 ID:YZ0VpcoP0
中島「あぁ、そうですか!」

波平「うむ」

中島「……」

波平「……む?」


まずい。磯野を呼ばれたら……


中島「あのっ、すみません! 帰ります!」クルッ

波平「待て」ガシッ

中島「ひぃぃぃぃ!?」



な、なに!?
家の前で立ってたから、なにかしたのかと疑われてるのか!?

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:22:36.70 ID:YZ0VpcoP0
波平「わしと話をしないか」

中島「えっ……? でも、磯野は……?」

波平「……なるほど。安心せい、カツオは出かけておる。入ってくれ」


……なるほど?
どういう意味だろう。わからない。
でも、何故か。
おじさんの口調からは、優しさが感じられた。
全てを受け止めてくれるような、そんな優しさが……。



中島「……はい……」

波平「うむ」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:22:38.17 ID:0xUH/mBR0
新ジャンル ジジショタ

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:23:52.08 ID:7qiBffiy0
もうフラグも中島もビンビンですわ

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:23:57.06 ID:0HfqnBe60
NTERキタ・

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:24:51.49 ID:VjgkGfGD0
来たか…!!

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:25:36.12 ID:YZ0VpcoP0
波平の部屋


波平「……」

中島「あのー……なんですか?」

波平「……いやな。中島くんの顔を見て、気づいんてしまった」

波平「中島くん、君は苦しんでおる。それも恋沙汰絡みで」

中島「……!」



なんで、分かったのだろう。
言葉が出ない。



波平「なぜ、苦しんでいるのかと言えば……カツオが好きだから。違うか?」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:28:51.07 ID:YZ0VpcoP0
中島「……」

驚き。
しかし、それと同時に。
不思議な安心感は増していく。

波平「何も言えないか」

波平「いきなり言われても戸惑うであろう。しかし、聞いてくれ」

中島「……」コクン






波平「少し、わしの昔話をさせてもらうぞ」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:33:53.99 ID:YZ0VpcoP0
それから、僕はおじさんの話に耳を傾けた。

要約すると、こうだ。


昔のことだが、おじさんはガッチガチのホモだったらしい。
男が好きで好きでたまらなくて……しかしおじさんは真面目な性格だ、誰にも言えなかった。


もちろん、告白なんて出来るはずもない。


清く正しく、頑固一徹。
その反面、男でシコシコと激しいオナニーをする変態ガチホモ。それはそれは気持ちよかったそうだ。


でも、そんな生活が苦しくてたまらなかった。



そろそろ狂いそうだ……そんな時。
お見合いの話が転がり込んできたのだ。

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:39:13.80 ID:lCtklxLt0
遺伝子に期待

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:39:39.70 ID:YZ0VpcoP0
もちろんそこで出会ったのが今の奥さん……フネおばさん。

最初は適当に縁を切るつもりだった。
しかし、波平おじさんの性格が災いし、簡単に切ることができなかった。
人の気持ちを軽んじているような気がして嫌だった。

嫌々だったのだ。当然だ、ガチホモなのだから。



最初は。



ある日から波平おじさんは、誠実に付き合ってくれるフネおばさんに本気で惚れてしまった。

フネおばさんを、女として見るようになった。

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:41:55.08 ID:0xUH/mBR0
なんで俺、感動してんだ?

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:42:17.91 ID:YZ0VpcoP0
そしてまた、波平おじさんの性格が隠し事を許せなくなっていった。

正直に話そう。
昔はガチホモだったと。
でも、今はお前一筋だと。




そして、打ち明けた。全て。
ガチホモだったこと。
男でオナニーをしていたこと。
それはそれは気持ちよかったこと。




すると、フネおばさんは笑顔でこう言ったそうだ。

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:42:20.88 ID:VjgkGfGD0
バイ…だと…

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:43:28.73 ID:UTIBUza30
フネ…お前もか

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:44:44.82 ID:YZ0VpcoP0
「…ふふっ」






「気づいていましたよ」
「だからどうしました?」
「私は、あなたが好きなんです」
「今は私一筋でしょう?」







そこで、波平おじさんは固く決意した。
この女と、一生を共にしよう。

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:46:56.12 ID:aO/RYInBI
女性陣が格好良いぞ…なんだこれ

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:47:15.85 ID:ccQEuKwE0
聖母フネ

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:48:36.56 ID:YZ0VpcoP0


波平「中島くん」

中島「……」

波平「わしはガチホモだった。しかし、それを知りながら向き合ってくれ、一緒にいてくれたあいつのおかげで変われた……」

波平「不安だろう、怖いだろう。しかしな。人は変われるんだ。誰かの思いで、変えることが出来るんだよ」

中島「……」

波平「中島くん。君の気持ちはわかる。しかしな」

波平「君の思いでカツオを変えることができるかどうか……試すべきだと思うぞ」

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:53:08.23 ID:YZ0VpcoP0
中島「……」


変える……?

僕、が……磯野を……?

中島「そんなこと……僕に出来るんですか?」



波平「……ばっかもん!!!!!!!」

中島「っ!」

波平「今の話を無駄にするかどうかは君次第」

波平「わしの言いたいことは全部伝えた。ここまで言って分からんようなら、本当のたわけ者だ!」

波平「さぁ、もう済んだ! 出ていけ!」

中島「は、はぃ!!」スッ

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:54:30.17 ID:0xUH/mBR0
ばっかもん!がきたから安心

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:54:51.41 ID:H5QpVxIHO
頑張れ中島

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:56:07.15 ID:lCtklxLt0
自分で呼んでおいて出ていけとは

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:57:09.69 ID:YZ0VpcoP0
ピシャ

中島「はぁ、はぁ……」

中島「……ははっ」


どうやら、答えは出たみたいだ。

……いや、自信を持って言える。
僕が答えを見つけた。

変えることが出来る……波平おじさんはこう言っていた。

しかし、僕が波平おじさんの話から出した答えはこうだ。



別に磯野を変えなくたっていい。
僕が、変わる。いや、変わることができる。人は変わることができる……

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:59:54.96 ID:YZ0VpcoP0
花沢さんの思い。
波平おじさんの思い。

そして、何より。

磯野を好きだという気持ちが僕に勇気を与えてくれる。僕を変えてくれる。


そういうことだ。


わかった、わかったよ。
磯野と正面から向き合うよ。


勝負だ、花沢さん。
これまでの曖昧な関係はもうなしだ。


僕は磯野の親友であり、ホモだ。ホモとして、向き合ってやるよ。

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:00:42.96 ID:whieN35j0
きゅんきゅんくる

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:03:00.85 ID:YZ0VpcoP0
午後三時


花沢「……!」

中島「……やぁ」

花沢「ずいぶん、早いのね。まだ一時間前よ?」

中島「それはこっちのセリフさ」

花沢「……答えは、聞くまでもない感じかしら」

中島「ああ」


中島「磯野に気持ちを伝えるよ」

245: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/08/28(水) 03:05:46.95 ID:KSXwPmjS0
よし!いけ中島!!!

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:06:50.87 ID:YZ0VpcoP0
花沢「……言ってなかったけど、磯野くんにも4時にここに来るように言っておいたのよ」

中島「!」



…なるほど。
答えの是非はともかく、無理矢理にでも磯野に気持ちを伝えさせる気だったんだな。

花沢「ごめんなさい」

中島「いや、いいよ。正しいと思うから」




少し前の僕ならパニックになっていただろうけど……
今はその作戦が微笑ましいとさえ思える。


花沢「……ふーん……」ジロジロ

中島「な、なに?」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:09:20.56 ID:YZ0VpcoP0
花沢「いや、ちょっと強くなってきちゃったなと思ってね」ニコ

中島「……ばれちゃったか」

花沢「さ、余計な話は終わり! 敵同士お口にチャック! 磯野くんを待ちましょう」

中島「……うん」




ふふ、よく言うよ。
もう、敵同士だなんて思ってないくせに。

恨みっこなし。

そんなことは、言うまでもない。

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:11:17.79 ID:YZ0VpcoP0
午後三時半



花沢「……」

中島「……」


緊張感が高まっていく。
でも、嫌な緊張ではない。
遠足前に寝られないような、あの感覚だ。










股間の勃起を楽しむ余裕すらある。

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:13:59.60 ID:VjgkGfGD0
>>250
中島ェ…

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:15:36.16 ID:YZ0VpcoP0
午後四時

カツオ「……」

中島「!」

花沢「……きたっ」


カツオ「あ。おーい、花沢さ……ん、中島? なんで中島が?」

中島「…ちょっとね。この前は変な感じになって、ごめん」

カツオ「え? あぁ、僕も無理矢理聞き出そうとして悪かったよ」



すんなり謝ることが出来た。

磯野がいるから緊張する。

しかし

磯野がいるからこそ、勇気が湧いてくる。

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:16:40.55 ID:VjgkGfGD0
※ただし今中島は勃起しています。

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:19:03.02 ID:YZ0VpcoP0
カツオ「で、何の用? あらたまってさ」

花沢「……うーん、そうねぇ。大事な話」

カツオ「なんだよ、回りくどいなぁ」

花沢「中島くん。私からいいかしら?」


中島「……」

中島「うん」


カツオ「えぇ? なんだよこれ~」

花沢「磯野くん。よーく聞いてね」

カツオ「……う、うん」





磯野もこの緊張を察したみたいだ。
戸惑いつつも、表情が引き締まる。

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:23:24.93 ID:YZ0VpcoP0
花沢「……」


花沢「私、磯野くんのことが好きです」

カツオ「……えっ」

花沢「一緒にいると、馬鹿だなぁと思うことばっかりするし、嘘もつくし、ガキっぽいけど」

花沢「一緒にいて、とても安心するの」

花沢「私と、付き合ってくれませんか」




カツオ「……本気、なの? 花沢さん」

花沢「本気も本気。超本気よ?」

カツオ「……」

花沢「磯野くんなら、すぐに答えを出せるでしょう。はっきり言ってよ」

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:27:38.59 ID:YZ0VpcoP0
カツオ「……ご、めん」


花沢、さん……



花沢「……」

カツオ「僕、どうしても花沢さんのこと友達としか思えないよ」

花沢「……そうよね! なはは、あー恥かいた。友達よね、友達!」

カツオ「えっ? いやに軽いなぁ」

花沢「だって答えは出たでしょう? あと何を話すことがあるのよ?」

カツオ「……まぁ、元気そうならそれでいいんだけどさ……はぁ」



花沢さんは、強いな……。
あんなに、震えてるのに……。




花沢「さぁ、中島くん!」

267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:30:04.01 ID:YZ0VpcoP0
中島「! ……うん」

カツオ「なに? 中島も、なんかあるのか?」

中島「ああ、大事な話さ」

カツオ「……中島?」


中島「よく、聞いてくれ」






瞬間。

頭の中で色んなことがグルグルと回り出す。

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:37:44.50 ID:YZ0VpcoP0
磯野と向き合わない。
このままでいい。
ホモなんて恥ずかしい。
どうせ嫌われる。
怖い。
僕は変われない

捨てるべき思い。
今、捨てるよ。

頭に流れる言葉。

「磯野くんと、向き合いなさい!」

「人は、変われるんだ」

うん、ありがとう。





中島「磯野……僕はガチホモなんだ。男の体で欲情してオナニーする変態なんだ。それはそれは気持ちいいぞ。磯野の体で抜いた時なんか天にも昇る思いさ。僕は磯野に惚れてるんだよ。恋愛対象として好きなんだよ。磯野とずっとずっと一緒にいたい」

中島「今までは怖いから言わなかった。ずっと一緒に野球が出来ればいいと思ってた。でも、違う。それは駄目だってことに気づいたんだ。こんな関係、親友でもなんでもない、間違ってる」


中島「だから言うよ。磯野、好きだ」

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:38:50.67 ID:q9/YdSJM0
それはそれで気持ちいい

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:39:19.20 ID:8fas5JGbP
中島よくやった

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:39:23.86 ID:XMr5vtNQ0
オナニー言う必要があるのだろうか

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:39:35.85 ID:UTIBUza30
なんか爽やかだな

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:41:33.97 ID:YZ0VpcoP0
カツオ「……」

中島「……」

カツオ「冗談じゃないみたいだな」

中島「当然さ」

カツオ「……」

中島「……」

カツオ「気持ち悪い」

中島「当然さ」

カツオ「……」

中島「……」

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:42:34.22 ID:WCklYITrI
カツヲの一言が身に染みるぜ!

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:43:53.79 ID:aO/RYInBI
至極当然の反応だな

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:45:16.18 ID:YZ0VpcoP0
カツオ「お前、すごいよ」

中島「ありがとう」

カツオ「……」

中島「答えは? 僕がこんなに勇気を出したんだ。答えられないなんて、言わないよな?」

カツオ「……ごめん」


……




中島「まぁ、わかって…」

カツオ「わからないんだ」

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:46:49.13 ID:ccQEuKwE0
ホモ遺伝子か!?

297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:48:21.82 ID:YZ0VpcoP0
中島「へ?」

花沢「……ちょっと、黙ってたけどね。どういうことよ、磯野くん」




本当だ。どういうことだ。




カツオ「いや…花沢さんの時みたいに、はっきり断ろうって気持ちになれないんだ」

カツオ「そういえば、僕も、最近中島に違和感を抱くようになってたなーとか考えたら、わかんなくなっちゃったんだよ」

カツオ「……どうしよう、中島」


中島「…!」

花沢「……」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:48:50.11 ID:UTIBUza30
おおおおおおおお!?

301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:50:55.83 ID:Ot5CfSpc0
これが血族のビートか

302: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/08/28(水) 03:51:19.81 ID:KSXwPmjS0
よっしゃあああああああああああああああああああああああああああああああ

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:51:58.12 ID:YZ0VpcoP0
中島「……大丈夫だよ、磯野」

カツオ「え?」


磯野。わかるよ。
お前も変わりたいと思って変われないんだな。
身を委ねるのが、怖いんだな。
何かが壊れてしまう気がして、怖いんだな。

なんだ、僕と一緒じゃないか。

でも、大丈夫だよ。
波平おじさんは言ってくれた。
人は誰かの思いで変わることができる。

そして、僕の思いは。
誰にも負けないほど強い。自信を持って言える。

僕が変えてやるよ、磯野。

中島「…磯野」

カツオ「え?え?」



花沢「あーあ……」

花沢(私は退散しますかね)

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:52:22.97 ID:VjgkGfGD0
パンツキャストオフした

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:52:58.85 ID:WCklYITrI
俺が変えるっ・・・!この腐った世界をっ・・・!

307: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/08/28(水) 03:54:24.03 ID:KSXwPmjS0
早く寝たいんだよ…なのに…なのに……っ!

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:56:08.39 ID:YZ0VpcoP0
カツオ「中島……?」


今まで色々あった。
切なくて、悲しくて。

でもさ、僕は変われたよ。
だから、一緒に変わろうぜ、磯野?




今まで溜め込んでいた思い。
もう、ガチガチに固まった思い。
見せてやるよ。






中島「とりあえず、これを見てくれるか?」





314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 03:59:21.19 ID:YZ0VpcoP0
数週間後




今、僕は磯野の家の前にいる。
いつものように誘うのだ。

時間は夜。だが、磯野は起きているはず。



少し前まで、ためらっていた、この声。
しかし、僕は変われた。

ありがとう、花沢さん、波平おじさん。



ありがとう、磯野。



中島「磯野ー!『野球』しようぜー!」




~おわり~

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 04:00:13.36 ID:0xUH/mBR0
>>314
乙!素晴らしかった!

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 04:00:17.78 ID:WCklYITrI
>>1
俺も「野球」してくるわ!

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 04:00:40.05 ID:VjgkGfGD0
終わったのか…
乙!

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 04:00:51.11 ID:aO/RYInBI
野球ってなんなんですかね…

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 04:05:23.45 ID:ccQEuKwE0
ナイターゲーム

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 04:06:44.73 ID:JZMZQJuS0
これはホームランですわ

関連記事
人気サイト pick up

「スポンサーサイト」のコメント

「【腐】中島「磯野ー……や、野球……」」のコメント

コメントを書き込む

AAも綺麗に貼れるはず

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。