最新コメント
月別アーカイブ

西暦(年)をクリックすると
その年の月別が表示されます。

カテゴリ

同一カテゴリの記事タイトル一覧が
30件づつ表示されます。

サイトないけんさく

博士「ぁうぁうぅあぅあうぅあううぁうぅあうあうwwww」

転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377912340/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:25:40.19 ID:XZ3RkLat0
コナン「博士…なんで…」

灰原「博士…」グスッ

博士「ぁあっぁあぁぁあぁぁぁああははははぁううぅぅうあぅあぅああwww」

元太「博士…もとに戻ってくれよぉおおおおお」

歩美「はwww博士ぇえwwwごほっげほっは、博士ぇ…グスンッ」ぷるぷる…←肩震える音

光彦「一体何が起こったのでしょう」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:26:06.37 ID:Jiiz6Oqt0
もうやめようよ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:29:36.72 ID:XZ3RkLat0
コナン「さぁな…でも俺たちがこの家に入った時、すでに博士はこうなっていた」

灰原「今日の朝までは普通だったわよ?」

         回想シーン

博士「おはよう哀君」

灰原「おはよう」

博士「今日も夜は頼むぞ!愛用のおかずも最近なれたわい」

灰原「ええ…」


灰原「って…いつもの博士だったのに…」グスッ

コナン「灰原、それは何時頃?」

灰原「8時半ぐらいだったわよ?」

コナン「そして俺たちが博士邸に来たのは11時半ごろ…」

コナン「つまりその間に博士の身に何かが起きたんだ」

相互サイト最新記事
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:35:19.83 ID:XZ3RkLat0
コナン「それも相当ショックなことだったんだろ…」

光彦「コナン君!犯人を絶対に見つけ出しましょう!」

コナン「ああ!」

元太「俺らはまずありえないよな!みんなずっと一緒にいたし」

コナン「ああ…けど…一回だけみんなバラバラになった時がある」

歩美「あ、もしかしてかくれんぼの時!」

コナン「ああ…鬼だった俺以外、いつでもぬけだせるしな」

光彦「ちょ、だからって!なぜ僕たちが!?」

コナン「…いや…間違いなく俺たちのだれかだ」

歩美「え?」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:39:25.34 ID:XZ3RkLat0
コナン「みろ!博士の服に『detective』って書いてあるだろ?」

灰原「…探偵…」

コナン「ああ、そうだ…博士にとって探偵といったら…」

光彦「少年探偵団…」

元太「ええええ俺らの中に犯人いんのかよ!?」

コナン「ああ…間違いなく」

光彦「で、でも誰かが僕らをはめようと…」

コナン「それはない」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:44:01.18 ID:XZ3RkLat0
灰原「なんでよ?」

コナン「ほら見ろよあの机の上」

歩美「あ!コーヒーとジュースだ!」

コナン「ああ…コーヒーは博士、ジュースはおそらく俺たちの誰かが飲んだんだろう」

光彦「でも、ジュースなら誰でも飲めますよ?」

コナン「バーローコップを見ろよ!あきらかに子供っぽいだろ?」

元太「ほんとだ」

コナン「博士のまわりで子供といえば俺らだろ?」

光彦「そ、そうですが…」

コナン「それにだ…」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:47:18.36 ID:XZ3RkLat0
コナン「争った形跡がないんだ…ってことは…」

灰原「博士の知ってる人だった…そうでしょ?」

コナン「ああ…つまり俺たちの中に犯人がいるんだよ…博士を池沼にしちまった犯人が」

光彦「一体誰が…」

コナン「まだわからねぇが…よく調べてみないとわから…!?」

コナン(なんだ?博士の服に何かべっとりついてるぞ?これは…)ペロッ

コナン(うな重のタレ!?それと…これは誰かの精液…)ペロッ

コナン(うまい!!)

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:50:09.66 ID:XZ3RkLat0
コナン「でも…うな重を食べた痕跡がない…」

コナン「元太!お前今日、うな重食ったか?」

元太「え?あああ、おう!」

コナン「…博士の服にうな重のタレがついていた」

一同「!?」

元太「ええええええええ!?おい待てよ!俺は犯人じゃ…」

コナン「ああお前は犯人じゃねぇ」

一同「え」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:52:11.61 ID:XZ3RkLat0
コナン「一緒に精液もついていたんだ」

コナン「光彦のな」

光彦「えええ!?」

コナン「もちろんお前も犯人じゃねぇよ…博士は昔から光彦の精液をご飯にしてたからな」

光彦「ほっ…」

コナン「残るは灰原と歩美だが…」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:55:44.76 ID:XZ3RkLat0
コナン「この二人も違う」

コナン「さっき机をなめてみたらお前らの味はしなかった…ただ…」

コナン「ある人物の味がした…」

コナン「そう…それは…」

元太「誰だ…?」

博士「あああああああああああぁああああああああおおおおぉおおおおおおおwwwwwwwwww」

歩美「wwwwwwwwwげほっごっwwほっうふがはっふーふー」

博士「ぁうぁうぁうぁうぅあぅあぅあぅあうぁうぅあぅあうぅあうあwwwww」

歩美「ぷッ」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 10:59:13.59 ID:XZ3RkLat0
コナン「歩美…wwい、いいか…」ぷるぷる…

歩美「あ、う、うん…」

博士「おぁああああああああああああああわぁあああああああああああああああああいいいいいいいいいいいいいいwwwwwwwwwwww」ダッ

 ぐるぐるぐるぐる←博士が探偵団のまわりをぐるぐるまわる音

博士「あぁあああああああああああああああああああああああああwwwwwww」ぐるぐるぐるぐる…

歩美「ぷっ」ゴクッ

灰原「ゆ、許せないww…だ、誰が博士を…wこ、こんな…ww」

元太「」

光彦「ぷっふふww…」

博士「犯人はキッドじゃぁあああああああああああああああwwwwwwwwwww」ぐるぐる…

一同「!?」

コナン「ピンポーン」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:02:23.22 ID:XZ3RkLat0
歩美「そ、そうなのコナン君!?」

コナン「ああ…あの机の味は間違いない…キッドだ」

光彦「でもキッドのコップがあんな子供っぽいなんて…」

コナン「多分俺たちをだますためにわざとだよ」

  「よくわかったな名探偵」バサッ

一同「!?」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:04:52.53 ID:XZ3RkLat0
キッド「俺が犯人だ…大丈夫今から博士にかけた呪いをとく…」

キッド「博士!エロ本だぞ」

博士「何!?見せろぉおおおおおおおおおおおおお!!!」

コナン「もとに戻った」

灰原「あなた!なんで博士をこんなめにあわせたわけ?」

光彦「そうですよ!なんで池沼なんかに…」

キッド「…もともとじゃねぇか…池沼なんて…」

コナン「え」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:07:13.83 ID:XZ3RkLat0
キッド「いつもの博士こそ、そう…池沼だったんだよ」

一同「!?」

キッド「博士は自分が池沼だとばれたら、博士としての評判が落ちる」

キッド「そう思って必死に普通の人を演じた」

キッド「しかしある人物に気づかれてしまった…そう…工藤新一///」

キッド「お前だよ!」

コナン「!?」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:08:12.17 ID:qPdAX2hj0
なぜ照れた

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:10:27.56 ID:XZ3RkLat0
歩美「コナン君が…!?」

コナン「ちょ、何言ってんだよwwww」

キッド「名探偵、最初からお前は博士が池沼だと知ってたな?」

コナン「…」

コナン「事故だったんだ…そう、あれは昨日の11時23分ぴったりの時だった…」

         昨日

コナン「博士!お~い博士~いねぇのか?」

コナン「うっトイレ行きたくなっちまった…トイレトイレ…」ガチャッ

コナン「!?」

博士「!?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:13:29.59 ID:XZ3RkLat0
コナン「博士…なんでこんなところでエロ本読んでんだよ」

博士「新一//」ぶるぶる…しっこしっこ…

その時、博士はくるってしまった。

博士「ぁああああああああああああああああああああああああぅううううううううううおおおおおおおお」ぎゅううううう

コナン「うわっ博士!急に抱きついてどうしたんだ…!?」

博士「わしはぬがすぞおぉおおおおおお新一ぃいいいいいいいいいい」

コナン「うわぁああああああああああ!」

俺はパンツをぬがされた…

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:17:03.17 ID:XZ3RkLat0
そして次の瞬間、俺のちんpは…しゃぶられ…チューチューすわれた…

コナン「や、やめろ博士!!も、もれっもれるかぁあああああらぁああああああ///」

博士「あぁああああ////だせっいいから黄色い液体をだせぇえええええええええええええええwwwwwwwwww」ちゅちゅちゅーーーー

コナン「ぁああぁああああもらめぇえええええええええええええ////////」じゃぁああああああ

博士「ぉおおおぉおっぉおおおおおおおお」ごくごくごくごくごく…

おれは初めて屈辱というものをあじわった気がした
もう何がなんだかわからなかった…ただ俺の尿は飲まれて…それからはもう
意識がなくなっていた…

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:20:21.60 ID:JfYmLTql0
(^p^)のあああああああああ!!!!!!!!

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:21:19.21 ID:XZ3RkLat0
そして俺が目覚めたときにはもう朝になっていた

コナン「……ん?」

コナン「…俺…一体…!?」

いつの間にか俺は裸になっていたのだ…そして室内はアンモニア臭が漂っていた

コナン「あぁああ…な、なんでこんな…!?」

と、その時…

博士「ぁああああああああああああああああああああぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおwwwwww」

コナン「!?」

リビングの方から博士の声が聞こえた
俺は着替えてから急いでリビングへむかった

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:24:49.18 ID:XZ3RkLat0
すると…

博士「ぁあああああああああああぉおおおおおおおおおおおおおおおwwwwwwwwwww」ぐるぐるぐる…

コナン「はか…せ…?」

博士は俺のせいでさらに池沼になってしまったのだ…


コナン「俺は…まさか…まさかこんなことになるなんて…うぅ…」

灰原「あれ、ちょっとまって!?じゃあなぜ朝は正常だったのよ?」

コナン「あれはキッドだったんだよ…俺が頼んだんだ…わけを話して…」

光彦「へー」

光彦(ってことはつまりキッドはカッコつけてたんですね…なんだ最初から知ってたんですね)

キッド「その間博士には眠ってもらっていたぜ」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:27:07.36 ID:XZ3RkLat0
コナン「博士…ほんと…ごめんな…俺が…俺がのぞいたりするから」

キッド「でも…あることをすればまた元の池沼に戻るかもしれねぇぞ?」

コナン「え?」

キッド「お前がまた飲ませるんだよ」

コナン「なっ///」

歩美「コナン君!博士の為だよ!そして私の為!私にも飲ませて」

コナン「…わかった…やってみる」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:30:04.14 ID:XZ3RkLat0
コナン「ちょうどさっきからトイレ我慢してたしな」

コナン「博士!飲むか!?」

博士「!?」

博士「飲むぞぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいwwwwwwwwww」ぎゅうぅうう

コナン「の、のむなら早くしろよ!歩美もだぞ?俺だしたら止まれないからよ」

歩美「う、うん…!」

博士「ぁおおあおぉあおぉおおおおおおおおwwwwwwwwww」ちゅーちゅー

コナン「うっでる!」じゃぁああぁあぁあ

博士「ぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおwwwwwwwwwww」ごくごくごくごく…

歩美「うまそう…」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:32:39.10 ID:XZ3RkLat0
歩美「次私!」

灰原「ちょっと江戸川君!少しはとめられるでしょ?」

コナン「やってみる…」じゃじゃじゃ…

コナン「は、早くしろぉおおおお!もう我慢むりぃっぃいいいい」ちょろちょr…

歩美「はい!」チューチュー

コナン「ふぅ…」じゃーーじゃーーじゃじゃじゃー

光彦「次は僕ですよ!」

元太「じゃあその次俺だ!」

博士「…」

博士「これだぁ!」ぴこーん

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:36:27.19 ID:XZ3RkLat0
     数日後

博士「いらっしゃいませ~!!」

蘭「あ、博士~きたよ~うわ!大人気ね!」

博士「そうじゃろ~wwww」

そう、博士はあのあと店をひらいたのだ。
店名は『inアガサ』レストランだ
そしてこの店の売りといえばやはり飲み物だ

その飲み物は…

蘭「バーロージュースください!」

コナン「あ、蘭ねーちゃん…」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:39:42.05 ID:XZ3RkLat0
蘭「のませて!」

コナン「…はい…」

蘭「んーーーーーーー///」チューチュー

コナン「」じゃーじゃー

蘭「////」ゴクッゴクッゴクッ

コナン「/////////////////」

蘭「もっともっとぉ//」ゴクッゴクッ

コナン「う、うん//////////」どっしゃぁああああああああああああああああああああああ

蘭「んんんんーーーーーーーーーーー////」ごくごくごくごくごくごくごく…

こういうのもありだな
俺はそう思えるようになった

そして…

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:43:50.03 ID:XZ3RkLat0
光彦「んんんん///」ごくごくごく

元太「うめぇええええええええええ」ごくごくごくごく

ジン「毎日のめますわ////////」ごくごくごくごく

ウォッカ「うぁあああああああああああああああああ」ごくごくごくごく

俺のジュースはさらに人気がupした
けど、俺のちんpはひとつしかない
だから俺はみんなをまたせないように10本ちんpをつけたんだ
するとどうだろう
ブドウ味、いちご味、オレンジ味と、さまざまな味が楽しめるようになったのだ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:44:34.63 ID:Z7b985f50
なんやこれ

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:47:45.58 ID:XZ3RkLat0
そして俺の味はいつの間にか世界にまでひろがっていた

黒人「oh-delicious!」

コナン「thank you」

黒人「んんん///」ごくごくごくごくごく…

そんななかある提案があがったのだ
俺の胸をでかくしないかと
そう、俺の尿がうまいなら乳も美味いんじゃないかと…

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:52:12.45 ID:XZ3RkLat0
そして…

コナン「おおお俺、俺これで毎日しこれるぜえええええええええええ」

博士「ほっほっほwwwうらやましいのぉwwww10本もはえてるし」

コナン「へへへ!やりたいほうだいだぜwwwwwwwwww」

俺は薬で胸をふくらませた
そして予想通り乳も美味しかった

園子「うま~いぃいいいいい~」ごくごく

コナン「ミックスジュースもあるよ」

園子「飲むのむ!」

ミックスジュース、それは俺の尿と乳をまぜた飲み物だ
これもまた美味い

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:54:47.51 ID:XZ3RkLat0
こんな生活が続いて五年後、俺は灰原と結婚した

そして幸せな家庭を作ったのだ


       happy end

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/31(土) 11:55:26.60 ID:SFq/lWgE0
なんだこれ・・・・

関連記事
人気サイト pick up

「博士「ぁうぁうぅあぅあうぅあううぁうぅあうあうwwww」」のコメント

コメントを書き込む

AAも綺麗に貼れるはず

非公開コメント