最新コメント
月別アーカイブ

西暦(年)をクリックすると
その年の月別が表示されます。

カテゴリ

同一カテゴリの記事タイトル一覧が
30件づつ表示されます。

サイトないけんさく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相互サイト最新記事

妹「DVする兄の心臓を止めるスイッチを手に入れた」

  •  2013年09月09(月) 22:32
  •  SS
  •   

転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378717540/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:05:40.10 ID:IvRg/69q0
兄「お前の顔見てるだけで苛々するんだよ」 ドゴッ

妹「うぶ、げぇぇぇ……っ」 ビチャビチャ

兄「汚い顔に汚いゲロ、こんなのが俺の妹だなんてな」 ゴッ

妹「うく……っ」 ベチャ

兄「ダチの家に行く。母さん達に言っとけ」 スタスタ

妹「げぶ、うっ、う……っ」 ビチャッ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:09:45.83 ID:IvRg/69q0
博士「おや、また怪我かい?」

妹「……」 コクッ

博士「見せなさい」

妹「……」 ペロンッ

博士「酷いね。痣だらけだ」

妹「転びました」

博士「嘘はいい。お兄さんに暴力を振るわれているんだろう?」

相互サイト最新記事
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:11:41.33 ID:IvRg/69q0
妹「ち、違います」

博士「誰にも言わないよう言われている事も知っている」

妹「どうして」

博士「以前君に実験の協力をしてもらったろう」

妹「変な帽子を被ったあれですか?」

博士「あれはね、人の記憶を読み取る装置なんだ」

妹「ひ、酷いです!」

博士「私は悪い発明家だからね、言い訳はしないよ」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:14:17.07 ID:IvRg/69q0
妹「……でも、博士は私の怪我を診てくれました」

博士「君もうちの猫を助けてくれた事があるだろう?」

妹「可哀相だったから」

博士「君も猫を飼っているから? いじめられる猫に自分が重なったから?」

妹「言いたくないです」

博士「ああ、すまない。少し気になったものでね。私の悪い癖だね」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:15:05.17 ID:DKh0CEQf0
いいね

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:18:46.10 ID:IvRg/69q0
妹「どうする、つもりですか?」

博士「どうにかして欲しいかい?」

妹「……」

博士「これをあげよう」 スッ

妹「何ですか?」

博士「心臓を止める装置だよ」

妹「心臓を……え?」

博士「一度押せば止まり、二度押せば動く。完全に死ぬ前ならね」

妹「ひっ」 コトッ ポチッ

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:24:40.04 ID:IvRg/69q0
博士「おや? 落としたショックでスイッチが入ったようだ」

妹「そんな、大丈夫なんですか!」

博士「私は大丈夫だよ。君のお兄さんは大変だがね」

妹「ど、どうして?」

博士「これは特定人物、つまり君のお兄さんの心臓の波長に合わせた装置なんだ」

妹「まさか、お兄ちゃんは」

博士「心臓が止まってる」

妹「……っ」 ポチッ

博士「いいのかい?」

妹「ふざけないでください!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:28:52.57 ID:IvRg/69q0
博士「心外だな」

妹「私は、私はお兄ちゃんを殺したいなんて思ってない!」

博士「それが本当かどうかは、その内わかるよ」

妹「ど、どういう意味ですか?」

博士「その装置は君に預ける。返却は受け付けない」

妹「そんな」

博士「破棄は自由だが、それは決して壊れない。君が管理した方がマシだろうね」

妹「……」

博士「嫌なら使わなければいい。簡単な話だろう? では、頑張ってくれたまえ」 ニコッ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:34:11.80 ID:IvRg/69q0
妹(お兄ちゃん、まだ帰ってない……)

妹(このスイッチどうしよう。こんな怖い物、持ってたくないよ)

兄「……」 ギィッ

妹「お、おかえりなさい、お兄ちゃん」

兄「うるせぇ……」 ヨロッ

妹「え?」

兄「うるせえんだよ、クソガキ!」 ゴンッ

妹「ひっ!」 ビクッ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:37:47.52 ID:IvRg/69q0
兄「はぁ……クソ、まだ頭が痛ぇ……」

妹「……だ、大丈夫?」

兄「大丈夫なわけねえだろうがよぉ!」 ゴスッ

妹「痛づ……ッ」 ドンッ

兄「急にだ。急に心臓がどうにかなって、ぶっ倒れて、それで大丈夫かだ? んなわけねえだろうが、おい?」 ゴリッ

妹「ごめ……ごめんなさい……」

兄「その声が癇に障るっつってんだよ!」 ドゴッ

妹「げぶ、うぶ、えぇう……っ」 ビクンッ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:41:12.66 ID:IvRg/69q0
兄「気持ち悪ぃ声あげやがって、そのまま死ね、おら死ね!」 ゴスッ ゴスッ

妹(こ、殺されちゃう、ほんとに殺されちゃうよ……) ウルッ

兄「ああ? なんだその目は? 誰が悪いと思ってんだ!」 ドゴンッ

妹「あぐっ」 ゴロゴロッ ガツンッ

兄「頭叩き割って殺してやるよ」 ズルッ ズルズルッ

妹(つ、机を引き摺って……し、死ぬよ、あんなので殴られたら、死んじゃうよ……!)

兄「おっ、らあああっ!!」 ブンッ

妹「ひっ!」 ポチッ

兄「ぎ……っ」 ガシャンッ

妹(え? あ、スイッチ押しちゃったんだ!)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:47:40.82 ID:IvRg/69q0
兄「ぐ……ぎ……っ」 バタンッ

妹(く、苦しそうにしてる。はやくもう一回押さなくちゃ! でも……)

兄「……っ」 グルンッ

妹「お、お兄ちゃん!」 ポチッ

兄「ゲフッ、う、ゼヒッ、ヒ……ッ!」 ビクッ

妹(い、生き返った? 大丈夫、なのかな)

兄「く、そ……ふざ、けんじゃねえ……、なんだよ、これ……っ」

妹「びょ、病気、なの?」

兄「知るか、知るわけねえだろ、クソ、死ぬのかよ、死にたくねえ、クソ、クソ、クソ!」 ユラッ

妹(ま、また、ぶたれる!) スッ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:51:28.93 ID:IvRg/69q0
兄「俺は、部屋で寝る……そうだよ、疲れてんだよ、寝ればすぐに良くなる、そうだ」 ヨロヨロッ

妹(もう行った、よね?)

妹「怖かった……」

妹(今日のお兄ちゃん、あんなに怒ってて、きっとあのままだったら私、殺されてた)

妹「だから、仕方ないよね」

妹(わざとじゃなかったんだもん。偶然押しちゃっただけで、別に、お兄ちゃんを……)

妹(お兄ちゃんを殺す気なんて……全然……)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:54:50.94 ID:IvRg/69q0
妹「痛……っ」

妹(お兄ちゃんに蹴られた所が痛い……。明日また、博士の所に行って診てもらわないと)

妹(それで、このスイッチも無理やりでも渡して、すぐに帰ろう)

妹(それで全部、ちゃんとするはずだから)

猫「な~」 スリスリ

妹「……」 ナデナデ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:58:50.19 ID:IvRg/69q0
ドガシャーンッ

兄「このクソ猫! 俺の服に小便しやがった!」

猫「にゃ~!」 トタトタッ

妹「や、やめて! いじめないで!」 ガバッ

兄「邪魔だ、どけ!」 ドンッ

妹「う……っ」 ゴツンッ

兄「前々から気に入らなかったんだよ、そのクソ猫! 全然懐きやしねえ!」 ブンッ

猫「にぎゃ!」 ドゴッ

妹「やめて! 死んじゃう!」 ガシッ

兄「うるッッせえッッ!」 ゲシッ ゲシッ

妹「あう……っ」 ズルッ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:02:16.56 ID:ig7jGwi40
私もこの装置欲しい…

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:02:48.06 ID:IvRg/69q0
兄「あー清々するぜ、このままぶっ殺して庭に埋めてやる!」 ドスドスッ

妹(このままじゃ、猫が殺されちゃう!)

兄「潰れて死ね、このクソ猫ッ!」

妹「動かないで!」 スッ

兄「あ? お前、誰に口聞いてるんだ?」

妹「動いたら、このスイッチ押すから!」

兄「はぁぁ? ついに頭ぶっ壊れちまったか?」

妹「押すから! ほんとに押すから!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:07:20.90 ID:IvRg/69q0
兄「あー、もういいわ。お前も死ねよ」

妹「ひっ!」 ポチッ

兄「う……っ?」 ガクッ

妹(押しちゃった!)

兄「ぐ……う……っ!」 ドサリッ

妹「も、もう猫をいじめないって約束して!」

兄「ぎ……っ」 ビクンッ

妹「約束してっ!」

兄「……っ」 グルンッ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:09:01.12 ID:gzxhaYYS0
殴られてる妹ちゃん想像したら何故か勃起した
暴力いくない

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:13:58.47 ID:IvRg/69q0
妹「……」 ポチッ

兄「ぎひ! ひっ、ゲッ、グゲッ、ひっ、ひっ!?」

妹「約束して」

兄「な……なん、だよ……お前……ふざ、けんじゃねえよおおおっ!」 ガシッ

妹「や、やだ! 放して、放してぇ!」

兄「何し、たんだよ、俺に、俺に何したんだよっ!」 グイグイッ

妹「ひっ、いやああああっ!」 ポチッ

兄「が……っ」 ドサリッ

妹「はぁ、はぁ……っ」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:14:33.66 ID:IvRg/69q0
兄「ぎ、ぐぃ……い……っ」 ビクンッ

妹「……」 ポチッ

兄「げひっ、ぐぶ、ウゲエエエッ!」 ビチャビチャ

妹「あはっ、な~んだっ! ……お兄ちゃんも汚い顔して汚いゲロ吐くんだ?」

兄「ギヒッ、ひっ、ヒッ、ヒッ……!」

妹「お兄ちゃん。もう猫をいじめないって約束してよ」

兄「ハァ……ハァ……」

妹「苦しいよね? 脂汗、たくさん出てるよね? 苦しいのって楽しくないよね? 約束してよ」

兄「ハァ……ハァ……」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:16:47.41 ID:UoytQRL+0
よしこのルートはええぞ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:16:58.85 ID:gzxhaYYS0
S妹ちゃんにもおっきした
僕の心臓もとめてください

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:20:44.28 ID:IvRg/69q0
妹「……」 ポチッ

兄「ぎ……っ」 ドサッ

妹「……」 ポチッ

兄「ひ……っ」

妹「……」 ポチッ

兄「ぐぃ……っ」 ドサッ

妹「……」 ポチッ

兄「ひ……や……め……っ」

妹「約束して」

兄「す……する……から……や、やめ……」

妹「絶対に?」

兄「はひ、ひっ」 コクコクッ

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:21:20.23 ID:IvRg/69q0
妹「私の事もぶたない?」

兄「……!」 コクコク

妹「良かった」 ニコッ

兄「へ……?」

妹「それじゃ私、猫を病院に連れてくね」 ダキッ スタスタ

兄「……は、ははは……助か……った……」 ジョロロロッ

兄「は……はは……は……あ……っ」 ガクッ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:26:57.28 ID:IvRg/69q0
博士「怪我をした猫を連れて来たと思えば、いやに嬉しそうだね」

妹「え、そんな事ないですよ」

博士「ああ、治療の間暇だろう? 冷蔵庫に羊羹がある。お茶と一緒に食べるといい」

妹「ありがとうございます」 ニコッ スタスタッ

博士「……さて、君の記憶を実験データとして収集させてもらうが、いいかな?」

猫「な~?」

博士「無論だ。あれは既に彼女の物なのだから」

妹「博士、お茶はどこですか?」

博士「ん? ああ、買い置きが冷蔵庫の横にあるだろう?」

妹「は~い!」 トテトテッ

博士「……次は君用に缶詰も用意しておこう。時々データ提供に来てくれ」 ナデナデ

猫「なう~!」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:31:51.49 ID:IvRg/69q0
妹「羊羹美味しかったね」

猫「な~」 スリスリ

妹「でも晩御飯、ちゃんと食べられるかなぁ。……何、この匂い?」

兄「……」 グタッ

妹「信じられない、お兄ちゃんがおもらししてる!」

妹(私よりずっと大人のくせに、おもらしするなんて!)

妹「お兄ちゃん、お兄ちゃん!」 ユサユサッ

39: 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:15) 2013/09/09(月) 19:36:10.92 ID:8v2wmVNK0
どうせあれだろ
オチはやりすぎた妹を博士が別のスイッチで制裁するんだろ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:36:50.45 ID:IvRg/69q0
兄「う……あ? 俺、なんでこんな所で?」

妹「おしっこ片付けてよ! 臭いよ!」

兄「……は? はぁ? な、違ぇ、俺は小便なんて漏らしてねえっ!」

妹「いいから早く片付けて!」

兄「誰に口聞いて……っ」

妹「……」 スッ

兄「……? ひっ!」 ビクッ

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:37:05.87 ID:rppHzhRH0
いやスイッチを取られてさらなる虐待を受けている妹を博士が助けて兄と妹ダブル調教エンドだろ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:37:23.68 ID:IvRg/69q0
妹「押すよ?」

兄「じょ、冗談、だよ……な? お、俺は別に、お前を殴ろうとか、そんな事は……な?」

妹「……」

兄「わ、分かってるよ、すぐに片付けるって、だから、な? 下ろしてくれよ、な?」 ビクビクッ

妹「うん! すぐに片付けてね!」 スッ

兄「あ、ああ、すぐにな」

妹「あとおしっこ臭いからお風呂にも入ってね!」

兄「……ああ」

妹(スイッチのおかげで、なんでもできる気がする。少し罪悪感はあるけど、でも……仕方ないよね?)

妹(私を殴ろうとするお兄ちゃんが悪いんだから)

兄「……」 ギリッ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:42:00.73 ID:IvRg/69q0
兄(部屋の灯かりが消えて一時間は経った)

兄(もういいだろう) ギィッ

兄「……」 チラッ

兄(呑気に寝てるな。ふざけやがって、こっちはお前のせいで死ぬほど苦しい思いをしたってのに)

兄(あのボタンだ、あれさえ奪えば、すぐにでもゲロと血反吐を吐かせてやれる)

兄「……」 キョロキョロ

兄(さすがに見える所には置いてないか。徹底的に痛め付けて場所を吐かせるか) ススッ

兄(俺に反抗した事、後悔させてやる) スーッ

妹「……」 ジッ

兄「ひっ!?」 ビクッ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:46:41.06 ID:IvRg/69q0
妹「何の用事なのかな、お兄ちゃん」

兄「あ、ああ、それは……なぁッ!!」 ガシッ

妹「うぐっ!」

兄「クソガキがガタガタうっせえんだよ、とっととアレの場所を教えろ、殺……ぉ?」 グラッ

妹「……これの事? 私、ずっと握りしめてたの」 スッ

兄「ぎ……う……っ」 ヨロッ

妹「ダメ」 ドンッ

兄「ぃ……っ」 ズサリッ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:48:33.81 ID:IvRg/69q0
妹「……」 ポチッ

兄「ぎひっ! ひっ、ウゲッ、えう……ち、くしょ……っ」 ダラダラッ

妹「汚い顔だね、お兄ちゃん。涎と鼻水と涙でぐちゃぐちゃだよ?」

兄「くぞ……ぉ……ぐ……っ」

妹「ねえ、お兄ちゃん。私、お兄ちゃんに何かしたかな?」

兄「あ……?」

妹「毎日お兄ちゃんぶたれて蹴られて、体中痣だらけで、いつも思ったよ? 私が何をしたんだろうって」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:51:35.71 ID:IvRg/69q0
妹「私が汚いからなのかな、とか、私が可愛くないからなのかな、とか。でも違うんだね」

妹「私が悪いんじゃなかったんだね。お兄ちゃんが間違ってたんだね」

兄「うる、せえ、俺は、間違ってねえ! お前がウザいから俺が苛々するんだろうがっ!」 ブンッ

妹「ふぅん」 ポチッ

兄「ぐげ……っ」 ズサリッ

妹「私だって、お兄ちゃんに苛々する。怒ってるよ。痛いんだよ、殴られるのって。どうしてわからないの?」

兄「ぎ……ぎ……っ」

妹「お兄ちゃんが分かるように、私、これから手伝うから。いっぱい手伝うから」 ポチッ

兄「ゲヒッ! うげ、ゲェッ!」 ゲポッ

妹「ああ! もう、吐いちゃダメだよ!」 ペシッ

兄「ヒッ、ヒィッ、ヒ……ッ!」 ビクッ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:53:36.39 ID:IvRg/69q0
母「おはよ……え?」

兄「……」 ジュワワワッ

母「兄が、料理?」

兄「あ? 俺が料理しちゃ悪いのか、クソババア」

妹「……」 スッ

兄「ぐ……よ、用がないならとっとと失せろよ」

母「……なんだか不気味ね」

妹「お母さん、そんな事言っちゃダメだよ。お兄ちゃん、頑張ってるんだもん」 ニコニコッ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 19:56:00.78 ID:IvRg/69q0
兄「おら」 ドンッ

妹「えー、何これ?」

兄「お前が言ったんだろ、オムライス作れってよ!」

妹「でも、なんか違うよ? 卵がグチャグチャだよ?」

兄「ごちゃごちゃうっせえんだよ! ぶっ殺すぞ!」

妹「……怖い」 ポチッ

兄「ぎぐ……っ」 クラッ

妹「んっ。すぐに殺すなんて言っちゃダメだよ、お兄ちゃん」 ポチッ

兄「……はぁ、はぁ……」

妹「いただきま~す。うわぁ、美味しい!」 ニコニコッ

兄「クソ……」 ボソッ

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:01:33.90 ID:IvRg/69q0
兄(家にいる間中、妹に監視されてる気分だ)

兄(なんで俺が、あんなクソガキにいいように使われらきゃならねんだ?)

兄「苛々するぜ」

兄(誰でもいい、ストレス解消しなきゃやってられねえ)

兄「おい」

男「え、な、何ですか?」

兄「今俺を睨んでたよなぁ? 喧嘩売ってんのか?」

男「な、そんな、僕はそんな事してな……っ」

兄「黙れ、お前は睨んでた」 ゴツッ

男「ひっ、やめてください!」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:05:19.67 ID:IvRg/69q0
兄「おら、おらっ!」 ゴスッ ゴスッ

男「だ、誰か! 誰か助けてくれっ!」 ヨロヨロッ

妹「……」 ジッ

兄「あ? ひっ、な、なんで!」

妹「……お兄ちゃん。まだ分からないの?」

兄「ち、違うんだよ、な? こいつが先に……」

男「と、突然殴られたんだ! 人を呼んでくれ!」

兄「テメェ、ふざけんじゃ……っ」

妹「反省して」 ポチッ

兄「ぎひ……っ!?」 ガクリッ

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:09:01.58 ID:IvRg/69q0
妹「人は殴られると痛いんだよ?」 ポチッ

兄「はひ、ひ、ひ……っ」 フルフル

妹「……っ、わかる!? すごくすごく痛いんだよ!?」 ポチッ

兄「がぎぃ!?」

妹「ずきずきして眠れなくて、毎日いつ殴られるか怖くて仕方ない気持ち、分かる!?」 ポチッ

兄「ひふっ、ふ、ふぐ……っ」 ピクッ

妹「分かるの!? 分からないの!? ハッキリしてよ!」 ポチッ

兄「ぎ……っ!?」 ガクッ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:14:09.57 ID:IvRg/69q0
妹「答えろって、言ってるの、聞こえないの!?」 ユサユサッ

兄「おぼ……げ……が……っ」 ビクンッ

妹「返事しろっ!」 ガンッ ポチッ

兄「ひべっ! お、おっ、う、う、うっ、う……っ」 ピクピクッ

妹「ああそう、私の質問なんて答える価値もないんだ? そうなんだ?」 ポチポチポチポチポチポチッ

兄「ヒブベベベベゲゲゲゲッ!?」 ガクガクガクッ

男「あ、あの、ちょ、ちょっと、大丈夫なんですか?」

妹「うるさい!」 ポチッ

兄「ぐげ……っ」 グルンッ

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:14:51.35 ID:IvRg/69q0
妹「あはははは、何そのだらしない顔! ねえ見てよ! 汚いっ、気持ち悪いっ、あははっ!」 ブルッ

男「ひっ、ご、ごめんなさいっ!」 タッタッタッ

妹「あは、あははは、あはははははは!」 ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチッ

兄「……っ」 ビクビクビクビクビクビクビクッ

妹(もっともっともっともっともっと! もっと! もっとぉ!) ポチポチポチポチポチポチッ

猫「な~?」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:19:36.49 ID:IvRg/69q0
妹「やり過ぎてしまいました」 シュンッ

兄「うぅ……うぅぅ……」 グタリッ

博士「ここは病院じゃないのだがね……」

猫「な~?」

博士「分かっているよ。約束の缶詰は向こうに用意してある」

猫「な~う!」 トテトテッ

妹「あ、あの! お兄ちゃんは大丈夫なんですか?」

博士「異常な不整脈で意識が混濁しているだけだろう、投薬すればすぐに落ち着く」

妹「ご、ごめんなさい……」 シュンッ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:20:22.04 ID:BXQP3+QJ0
兄どんだけ頑丈なんだよwww

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:23:44.62 ID:IvRg/69q0
博士「しかし、君はもう少し加減のできる娘だと思っていたよ」

妹「わ、私も、自分があんなにするなんて思いませんでした……」

博士「何か理由があるのかね?」

妹「……」 モジモジッ

博士「言えないような事かい?」

妹「あの……熱く、なるんです」

博士「熱く?」

妹「私の足元にお兄ちゃんが這いつくばって、涎や鼻水を垂らして姿を見ると……」

妹「ここが……おへその下が、ジンジンするんです……」 サスッ

博士「なるほど、興味深いね」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:24:20.71 ID:BXQP3+QJ0
きたか・・・

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:28:12.31 ID:IvRg/69q0
妹「もっと押せって、おへその下の方から言われてる気がして……押せば押すほど、うずいて……」

博士「君の年頃では、まだ分からないか」

妹「やっぱり、いけない事ですか?」

博士「それは私が決める事じゃないし、人それぞれじゃないかい?」

妹「……」

博士「それにだ、誰にいけないと言われても、私はマッドサイエンティストはやめられない。そういうものさ」

妹「……ありがとうございます、博士。スッキリしました」 ニコッ

博士「お役に立てたなら光栄だよ」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:28:49.11 ID:UoytQRL+0
目覚めちゃったか…

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:31:18.63 ID:IvRg/69q0
猫「なう~」

博士「お早いおかえりだね。では、約束通り」 カポッ

妹「な、何するんですか?」

博士「彼とはスイッチに関する記憶提供の契約があってね」

妹「そんな一方的な約束、ダメです!」

博士「ん? ああ、君には話してなかったかな?」 スチャッ

妹「な、何ですか、その耳栓?」

博士「猫語の翻訳装置だよ。予備もある事だし君にあげよう。楽しみたまえ」 カチャッ

妹「……博士って天才なんですね」 スチャッ

博士「今更だな」

猫「我々猫族に劣るとはいえ、人間にしては賢い方だと言っておこうか」

妹「え? え?」 キョトン

博士「そういうものなのだよ」 ニコッ

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:36:24.76 ID:IvRg/69q0
猫「我々が人間に飼われているのではなく、我々が人間に飼わせてやっているのである」

猫「とはいえ我々が犬畜生よりも情が薄いなどと言われるのは心外である。馴れ合いを好まないだけである」

猫「妹殿にはあの不逞の輩から命を救われた事もあり、我とて恩義を感じぬでもない」

猫「腹の肉を摘まむのみならず、我をナデナデする権利も与え、あまつさえ添い寝まで許しているのだ」

猫「言うなれば、そう、猫生の伴侶である。人の身に余る栄誉であるぞ?」

妹「そ、そうなの? ありが……たい、のかなぁ?」

猫「栄誉であるぞ!」

博士「あー、すまないが、積もる話は帰ってしてくれないか?」

妹「あの、お兄ちゃんは?」

兄「うぅっ」

博士「治療が終わればそこらに放り出しておく。すぐに帰るだろうさ」

猫「うむ、よしなに」

妹「お願いします」 ペコリ

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:39:50.26 ID:IvRg/69q0
兄(殺される)

兄(俺は、殺される)

兄(あの訳の分からねえボタンで、俺は殺されちまう)

兄(妹に殺されかけて、路上でぶっ倒れた後はもう覚えてねえが……)

兄(気付いたら、ぼんやり道を歩いてた)

兄(逃げて来たのか。風邪薬でも飲んだみたいに頭が霞んでよく分からねえが)

兄(とにかく、俺は、このままだと殺される)

兄「先に、殺るしかねえ」

兄(確実に、一撃で、絶対にバレないように、殺す……っ!)

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:43:10.30 ID:IvRg/69q0
兄「大体おかしいんだよ、兄貴が妹をぶん殴って何が悪いんだ?」 ブツブツッ

兄「俺の方が偉ぇんだ。年上だし力も強いし、あのクソガキより100倍まともな頭してるぜ」 ブツブツッ

兄「あのボタンだ、あれがおかしいんだ。人を殺せるボタンなんてあるわけがねえ」 ブツブツッ

兄「きひっ、きひひっ、そうさ、あれさえなけりゃいいんだ」 ブツブツッ

兄「ぶっ殺してやる、ぶっ殺してぶっ殺してぶっ壊してやる」 ブツブツッ

子供「まま、あのひとへんだよ?」

母親「しっ、見ちゃいけません!」

兄「……」 ゴスッ

母親「う……っ」 ヨロッ

兄「ガキの躾くらいしとけ」 ギロッ

子供「ひっ」

兄(絶対にぶっ殺してやる……きひひっ!)

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:47:50.32 ID:IvRg/69q0
兄(家の倉庫にある鉈で頭を一気にぶち割る) ガサゴソッ

兄「これだ」 ギラッ

兄(後はタイミングだ。あのガキが油断したタイミングで、一撃し止める)

兄(……呼び鈴で玄関に誘い出して殺るか?)

兄(いや、向こうに扉を開けさせなけりゃ押す隙を与える。失敗するかもしれねえ)

兄(そうだ、呼び鈴を押してすぐに庭からリビングに入って)

兄(壁沿いに張り付いて、あいつが戻ってくると同時に、頭を叩き割る!)

兄(殺れる、いや、絶対に殺る……殺ってやる……) ユラッ

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:49:51.89 ID:RecGA0MT0
思考が完璧にサイコパスですわ

87: >>85訂正 2013/09/09(月) 20:51:11.79 ID:IvRg/69q0
兄(家の倉庫にある鉈で頭を一気にぶち割る) ガサゴソッ

兄「これだ」 ギラッ

兄(後はタイミングだ。あのガキが油断したタイミングで、一撃で仕留める)

兄(呼び鈴で誘い出して殺るか?)

兄(いや、向こうに扉を開けさせなけりゃボタンを押す隙を与える。失敗するかもしれねえ)

兄(そうだ、呼び鈴を押してすぐに庭からリビングに侵入して)

兄(壁際に張り付いて、あいつが戻ってくると同時に、頭を叩き割る!)

兄(殺れる、いや、絶対に殺る……殺ってやる……) ユラッ

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:52:05.73 ID:IvRg/69q0
ピンポーンッ

妹「……?」

猫「我が代わりに出てやろう」 トテトテッ

妹「無理だよ、猫だもん」 スタスタッ

猫「失敬な! 我は猫族の中でも狩りの腕前に掛けては随一と恐れられた猫であるぞ!」

妹「はいはい。……あれ、誰もいないみたい?」

猫「ぴんぽんだっしゅというやつであるか?」

妹「そうみたい」

猫「むう、やはり人間というやつは賢い者ばかりではないな」

妹「そうかも。私も馬鹿だもん」

猫「何を言うか、妹殿は我の伴侶であ……待ていっ!」

妹「え?」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 20:56:35.33 ID:IvRg/69q0
ピンポーンッ

兄(今の内に急いで庭に) スタタタッ

兄(靴を脱いで、リビングに入って) ガラララッ

兄(ここで待ち伏せして、この鉈でぶっ殺してやる) グッ 

ギッ ギッ

兄(足音が聞こえる。あと少しだ、あと少しであいつをぶっ殺せる!)

妹「……かも、私……だもん」

猫「な~う、な~っ!」

妹「え?」

兄(……なんだ? おい、早く来いよ! 殺せねえだろ!?)

猫「な~!」 スタタタタッ

兄(……っ! クソ、驚かせやがって、猫じゃねえか!)

猫「な~! な~! な~う!」

兄(早く来い! 早く、早く、早く、早くっ!) ウズウズッ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:00:41.82 ID:IvRg/69q0
猫「あの不逞の輩の匂いがする、待つのだ!」 スタタタタッ

妹「……っ」

猫「やはりだ! 凶器を手に待ち構えていた! 妹殿を殺す気である!」

妹(……あれだけしたのに。私、やり過ぎたと思って反省してたのに)

妹「なのにお兄ちゃんは、あのくらいじゃ反省しないんだね」 ポチッ

「ぐげっ!?」 ゴトンッ 

猫「おおっと!」 スタタッ

兄「ぎ……ぎ……っ」 ドサリッ

妹「おかえり、お兄ちゃん」 ニコッ

兄「ひ……ひ……ぃ……っ」 ジョロロロロッ

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:06:42.23 ID:IvRg/69q0
妹「お兄ちゃんに反省してもらうにはどうすればいいのかな?」 ポチッ 兄「ゼヒ……ッ!」 ビクッ

猫「いっそ殺してしまえばいいのではないか? どうせ世界に害悪以外を与えぬ輩であろう?」

妹「でも……」 ポチッ 兄「グゲ……ッ!」 ガクッ

猫「我にはとても思い当たらぬのだが、何か躊躇う理由があるというのか?」

妹「……家族だから」 ポチッ 兄「ヒッ……ッ!」 ビクッ

猫「むう、血縁の情であるか。とはいえ、生半可な方法では腐った性根は直らぬぞ?」

妹「私、信じる! お兄ちゃんは変わる!」 ポチッ 兄「ゲウ……ッ!」 ガクッ

猫「……我が伴侶がそう言うのならば、我も反対できぬな。しかし、また妹殿を襲わぬともかぎらぬ」

妹「えへへ、その時は猫が助けてくれるでしょ?」 ポチッ 兄「ヒハ……ッ!」 ビクッ

猫「むう……」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:06:50.72 ID:zH9a3daP0
お兄ちゃんを達磨にして妹ちゃん専用性欲処理人形コースでもいいのよ?

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:07:38.15 ID:c49BZWG90
>>99
それがいい

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:11:37.34 ID:UccZ+0p+P
まぁ達磨にされても仕方ないクズだしな

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:13:15.11 ID:IvRg/69q0
妹「それで、どうすればお兄ちゃんは変わってくれるんでしょうか?」

博士「私は一応マッドサイエンティストを自称している身でね、あまり頼られても困るのだが」

妹「お願いします!」

博士「むう。……そうだな、洗脳装置を使おうか」

妹「そういうのは、ちょっと」

博士「そう言われても、歪み切った価値観を正すには、その価値観を破壊する以外にないだろう?」

妹「破壊ですか?」

博士「興味があるかい? これは一例だが、ある新興宗教団体で行なわれた方法で――」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:14:02.48 ID:zH9a3daP0
ロボトミーもいいね!

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:17:49.71 ID:IvRg/69q0
兄「ぐ、くぅ……」 ユラッ

猫「庭に直立不動のまま立ち続けているが、あれは何をしているのだ?」

妹「苦行、だったかな。ああいう風に頑張り続けてるとね、頭の中が真っ白になってくんだって」

猫「ほう、頭が真っ白になると良い事があるのだろうか?」

妹「歪んだ気持ちがなくなって、人のいう事を素直に聞けるようになるんだよ?」

猫「既に半日以上ああしているように見えるが?」

妹「二日くらい頑張れるって博士が言ってたよ?」

猫「なるほど。我は散歩に行くが大丈夫であるか?」

妹「うん。少しでも動いたらスイッチ押すって言ってあるから」

猫「うむ。監視に努めるがよい」 トタタタッ

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:24:34.90 ID:IvRg/69q0
兄(……もう限界だ……)

兄(こんなもんやってられるかよ……)

兄(本当に死んじまう……)

兄(こんな夜中だ、もう妹だって監視してないんだ……)

兄(ちょっと休むくらい……) スッ

猫友「にゃう~!」 スタタタタッ

兄「……?」

兄(猫が走って、妹の部屋の窓に……?)

妹「……お兄ちゃん、十秒も休んだんだ?」 ガラッ

兄「え……え、いや……ち、ちが……」 ビクッ

妹「十秒止めるね」 ポチッ

兄「ぎげぇっ!?」 バタンッ

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:27:06.27 ID:IvRg/69q0
兄(あれからまた立ち続けて、もう二日も庭にいる……)

兄(何も考えられない……どうすれば許されるんだ……)

兄(俺が悪いのか……何をしたんだ、俺は……)

兄(妹を殴ったのが悪いのか? そうなのか?)

兄(それがここまでされる理由なのか?)

兄(確かに、いや、暴力は悪いのかもしれないが、だが、なんでだ?)

兄(……)

兄(もうなんでもいい……なんでもいいから、誰か助けてくれ……)

兄(誰か……)

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:28:39.27 ID:hmL8rlmR0
(兄が逆転する展開を密かに期待しています)

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:29:07.17 ID:gQQgLiHwi
兄を一生苦しめる展開希望

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:29:23.26 ID:oQiRNJr/0
このまま逆転しないでくれ

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:31:16.25 ID:IvRg/69q0
猫「な~?」

妹「……」

兄「い……もうと……頼む、許してくれ……」

妹「……?」

兄「お、俺が、悪かった……悪かったから……」

妹「どうしたの、お兄ちゃん?」

兄「だ、だから、今まで悪かったよ、悪かったから」

妹「謝りたいの?」

兄「そうだよ!」

妹「じゃあ、どうして怒ってるの?

兄「う……く……っ」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:33:03.35 ID:IvRg/69q0
妹「変だね、謝ってるのに怒るなんて」

猫「な~」

兄「ごめん、なさい」

妹「何が?」

兄「今まで、ごめんなさい」

妹「よく分かんないよ」

兄「い、妹を、殴ったり、蹴ったり、ごめんなさい」

猫「な~?」

妹「猫は?」

兄「そ、そいつを……」

妹「そいつじゃないよ? 猫だよ」

兄「ね、猫にも、物を投げたり、ごめんなさい」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:34:44.06 ID:IvRg/69q0
妹「どうしようか?」

猫「な~」

妹「まだ頑張れると思う?」

猫「な~!」

妹「そっか、仕方ないよね。お兄ちゃん、頑張ってね」

兄「む、無理だ、もう限界なんだよ!」

妹「でも、猫は大丈夫だって言ってるよ?」

兄「ぐ、うぅ……ゆ、許してくれよ……頼むよぉ……」 ポロポロッ

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:37:22.56 ID:IvRg/69q0
猫「な~」 クルッ

猫「なう~、な~!」 トントンッ

猫「な~? なう~、な~!」 トタタッ

猫「な~! な~!」 クルッ

兄「何言ってるのか、分かんねえよ……くそ……くそ……」 ポロポロッ

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:41:43.61 ID:IvRg/69q0
猫「と、我は考える。これ以上は続ける意味もあるまい」

妹「そうだね。……お疲れさま、お兄ちゃん。これでお兄ちゃんは、一歩ちゃんとした人になれたよ!」 ダキッ

兄「ゆ、許してくれるのか?」

妹「もちろん! だって私達、家族だもん!」 ニコッ

兄「うっ、うぐっ、うぅぅぅぅぅ……っ」 ポロポロッ

妹「お兄ちゃん……っ」 ズクンッ

妹(ボロボロのお兄ちゃん可愛い、泣いてるお兄ちゃん気持ち悪くて可愛い、もっともっともっともっと可愛いお兄ちゃんが見たいよぉ) ズクズクッ

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:43:33.01 ID:pydAX7yJ0
純愛が好きな俺にはたまらないは
支援

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:44:19.74 ID:bVGNZA7O0
>>123
純・・・愛?

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 22:03:28.23 ID:pydAX7yJ0
>>127
純愛だろどっからどう見ても妹の兄に対する一途な愛情物語だ

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:46:17.20 ID:IvRg/69q0
妹「――それで私、泣いてるお兄ちゃんを見て気付いたんです。こんなスイッチ必要ないって」

博士「ほう」

妹「だって、心臓を止めるスイッチなんておかしいです」

博士「君が今更そんな事を言うなんて、意外だよ」

猫「我もであるが、妹殿には妹殿の考えがあるようだ」

妹「うん。だって……人間って、面白いじゃないですか?」

博士「うん? どういう事だね」

妹「えへへ、あの、人間の体って簡単に壊れるじゃないですか? だからスイッチなんて必要ないって思ったんです」

博士「君が何を言っているのか、私にはよく分からないのだが」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:49:08.31 ID:IvRg/69q0
妹「私が怖がってたお兄ちゃんって、本当はいなかったんです!」

妹「だって、人間って本当に脆いんですよ? 力の差なんて、あってないようなもので……」

妹「たとえ素手でも、爪を剥がしたり、その、おちんちんを潰したり、簡単に壊せるって気付いたんです!」

妹「スイッチはそれを私に気付かせてくれたから、もう必要ないんです!」

妹「私、もう大丈夫です! 私は私の力で、お兄ちゃんを立派な人間に変えてみせます!」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:53:33.97 ID:IvRg/69q0
博士「君の言いたい事はわかったけれど、それなら洗脳装置の方がよほど人道的ではないかね?」

妹「博士は頭が良いですけど、足りないものがあると思います」

博士「興味深いね。何かな?」

妹「それは、愛です!」

博士「ほう」

妹「洗脳装置には愛がありません! 愛です! 私は愛でお兄ちゃんを変えてみせます!」

博士「つまり君は、お兄さんが好きなのかね?」

妹「……っ」 コクリッ

博士「嫉妬するかね?」

猫「人の伴侶と猫の伴侶がいても何も問題はあるまい?」

博士「ふむ、面白い見解だね」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 21:58:49.27 ID:IvRg/69q0
妹「私、これからもっと頑張ります! 博士も色々相談に乗ってくださいね!」 ニコッ

博士「あまり研究の時間を潰しては欲しくはないのだがね。……ああ、冷蔵庫にカステラがある、食べるといい」

妹「はい!」 スタスタ

博士「……暴力を振るう人間を暴力で矯正しようというのは、大変な矛盾ではないだろうか?」

猫「我もそう思ってはいるのだが、妹殿の楽しげな様子を見ていると何も言えないのである」

博士「ああいう純粋な人間が道を踏み外すと、純粋なまま間違って行くのだね。興味深い」

猫「博士殿も似たような人間ではないだろうか?」

博士「私は進んだ先に道がなかっただけさ、彼女とは違う」

猫「どちらにしろ、伴侶と共に道を踏み外すのも一興である」

博士「かもしれないね。うちのぐうたら猫殿にも聞かせたい話だが、また奥の部屋で寝ているのだろうね」

猫「お互い伴侶には苦労する」

博士「まったくだ」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 22:03:50.34 ID:IvRg/69q0
数年後

妹友「妹ちゃん、もう部活決めた?」

妹「ううん、私は帰宅部」

妹友「もったいないよ!」

妹「んー。でも私、まだまだ勉強したい事があって時間が足りないから」

妹友「……あれ、校門にいるのって、妹の?」

妹「お兄ちゃん! ちゃんと待っててくれたんだね!」

兄「あア、そウダヨ」

148: >>146訂正 2013/09/09(月) 22:05:11.13 ID:IvRg/69q0
数年後

妹友「妹ちゃん、もう部活決めた?」

妹「ううん、私は帰宅部」

妹友「もったいないよ!」

妹「んー。でも私、まだまだ勉強したい事があって時間が足りないから」

妹友「……あれ、校門にいるのって、妹ちゃんの?」

妹「お兄ちゃん! ちゃんと待っててくれたんだね!」

兄「あア、そウダヨ」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 22:06:03.57 ID:IvRg/69q0
妹友「こんにちは、お兄さん」 ペコリ

兄「こンニチハ」

妹「お兄ちゃん、妹友ちゃんのことやらしい目で見てたよね?」

妹友「え?」

兄「ごメン、妹」

妹「後で生皮剥がすから頑張ってね?」 ボソッ

兄「……」 コクッ

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 22:07:24.30 ID:IvRg/69q0
妹友「なんか、いっつも仲良しで羨ましいなぁ」

妹「えへへ」

妹友「それじゃ。邪魔しちゃ悪いし、私行くね」

妹「ばいばい、妹友ちゃん!」

兄「さヨウナラ」

妹「それじゃ行こう、博士が待ってるよ?」

兄「あア」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 22:09:49.20 ID:IvRg/69q0
博士「やあ、遅かったじゃないか」

妹「まだ高校って慣れなくて」

博士「ずいぶんと可愛い事を言うね?」

妹「もう! 私、普通の女子高生ですよ?」

猫「我にはそう思えぬのだが、妹殿がそう言うのならばそうしておこう」

妹「酷いよ! もう!」

博士「それで、今日の研究はどうするんだい?」

妹「まずは五体分離実験から手足の逆接合実験、時間があれば脳の摘出から仮想五億年実験もしたいです」

博士「その後で君の装置を借りていいかな? 私の実験に利用したいんだが」

妹「いいですよ、私は更生実験以外に興味ないですから!」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 22:13:33.28 ID:IvRg/69q0
博士「しかし君のお兄さんの更生実験も、いい加減充分じゃないのかね?」

猫「我にもこれ以上の成果を見込めるとは思えぬのだが」

妹「私には分かるんです、お兄ちゃんにはまだ悪い心が残ってるんです!」

博士「……才能の浪費と言いたくはなるが、私に君を止める資格もないね。頑張ってくれたまえ」

妹「ふふ。お兄ちゃん、麻酔無しで顔の皮を全部剥がしたら、次は全身をバラバラに刻むから楽しみにしててね?」 ニコッ

兄「あア、とテモ楽シミダヨ」

ア に  」 い  つ か必   ず  殺 し  て や  るか   ら  な 「

妹「うん! ちゃんと更生させてあげるね!」

猫「……妹殿には何が聞こえているのだろう?」

博士「純粋なまま狂った彼女にだけ聞こえる声なんだろうさ。マッドなだけの私には分かりかねるよ」

猫「人間とは、摩訶不思議なものであるなぁ……」

妹「次は脳の分割培養実験で、その次は、その次は! ああ、もうすぐだよ! もうすぐ私がお兄ちゃんを立派な人間にしてあげるからね!」 ニコニコッ


おわり

関連記事
人気サイト pick up

「スポンサーサイト」のコメント

「妹「DVする兄の心臓を止めるスイッチを手に入れた」」のコメント

コメントを書き込む

AAも綺麗に貼れるはず

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。