最新コメント
月別アーカイブ

西暦(年)をクリックすると
その年の月別が表示されます。

カテゴリ

同一カテゴリの記事タイトル一覧が
30件づつ表示されます。

サイトないけんさく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相互サイト最新記事

アスカ「『シンジに一回だけ何でも命令できる券』貰っちゃった」

転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379809838/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:30:38.96 ID:uqdnw9wj0
シンジ「ホントにそんなのでいいの?付き合いだして一周年のプレゼント」

アスカ「いいわよ」

シンジ「まぁ、僕は楽だけど……」

アスカ「さてっと。じゃ、早速使うわねこれ」

シンジ「へ? う、うん。どうぞ」

アスカ「シンジ。い…一度だけでいいから、私が渚とエッチできるようセッティングして」

シンジ「…………え?」

アスカ「何でも言うこときいてくれるのよね……?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:36:44.68 ID:DG7zrjgUO
カヲル君が身近にいたんじゃ仕方ない

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:44:24.90 ID:uqdnw9wj0
シンジ「ってアスカが……」

レイ「そう」

シンジ「こんな話してゴメン!黙ってようかと思ってたけど、アスカが直接変なこと言って綾波とカヲル君に迷惑かけちゃうかも知れないから」

レイ「……」

シンジ「とにかく、何か言ってきても、カヲル君は無関係だから気にしないで。アスカのほうは僕が何とか説得するから」

レイ「分かったわ」

シンジ「それじゃ。またね」

相互サイト最新記事
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:48:15.18 ID:uqdnw9wj0
アスカ「イヤ」

シンジ「諦めてよアスカ。カヲル君は綾波と付き合ってるんだから」

アスカ「なにこの券。嘘だったわけ?」

シンジ「できることとできないことがあるだろ」

アスカ「あんたが本気で頼めば渚は言うこときくでしょ。試した?」

シンジ「……試してはないけど」

アスカ「じゃあやっぱ嘘ついたのね。サイテー!」

シンジ「アスカぁ」

アスカ「命令聞いてくれないならあんたとは別れるし、首絞めたこととか全部言いふらすから」

シンジ「……」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:54:07.76 ID:uqdnw9wj0
レイ「説得、できた?」

シンジ「…まだ…で、でも大丈夫だよ! アスカが我儘言うなんていつものことだし」

レイ「……」

シンジ「はぁ……」

レイ「一回なら」

シンジ「ん?」

レイ「一回だけなら、いいわ」

シンジ「綾波……?」

レイ「一度だけカヲルをあの子に貸してあげる。ただし、私も碇君を借りるのが条件」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:59:19.94 ID:4CJ7v/HM0
お、スワップかいいね。

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:01:11.12 ID:uqdnw9wj0
アスカ「スワッピングぅ!?」

シンジ「うん……それならいいって。綾波が」

アスカ「あの女。まーだシンジに未練があったわけ?キモチワルイ」

シンジ「まさか。アスカが変なこと言うから、変なことで返してるだけだと思うよ。やめさせるために」

アスカ「ふんっ。いいわよ、スワッピングくらい」

シンジ「は?」

アスカ「バカシンジを人形女とヤらせればいいんでしょ?それで渚に抱いてもらえるなら安い買い物だわ」

シンジ「……」

アスカ「で? 肝心の渚はなんて言ってるわけ?」

シンジ「まだ…カヲル君にはなにも」

アスカ「はぁぁ!? なにそれ、なんで一番大事なとこと話してないのよ。本気でバッッカじゃないのあんた」

シンジ「…………ゴメン」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:11:19.66 ID:uqdnw9wj0
シンジ「スワッピングOKだって……アスカが」

レイ「そう。ならそれで構わない」

シンジ「いや、待ってよ! おかしいよこんなの! 第一、カヲル君が」

カヲル「シンジ君とレイがそうしろと言うなら、僕はなんでもするよ」

シンジ「カヲル君……」

カヲル「そんな風に扱われても、君は彼女を愛しているんだね。シンジ君」

シンジ「…………うん……」

カヲル「僕が彼女を抱いてしまって、本当にいいのかい?」

シンジ「……一回だけって約束だし。そしたらアスカも、きっと気が済むと思うから……」

カヲル「分かったよ。とにかく、シンジ君の言うとおりにしよう」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:17:26.32 ID:uqdnw9wj0
シンジ「ごめん、ありがとうカヲル君」

カヲル「彼女を満足させられるよう努力するよ」

シンジ「う、うん。こうなったらもう、思い出になるようにアスカを喜ばせてあげて欲しい。あ、綾波ごめん」

レイ「別に。謝ることないわ」

シンジ「…………お礼、させてね。二人に、僕ができることならなんだって」

レイ「それも必要ない。私はもう、交換条件を出してるもの。カヲルは?」

カヲル「僕は無償でいいよ。シンジ君の頼み事に見返りなんて」

シンジ「でもっそれじゃ」

カヲル「……かえってシンジ君の気が落ち着かないと言うなら、一つだけ」

シンジ「うん。良かった、なに?」

カヲル「一度だけシンジ君を貸して欲しいな。レイだけじゃなく僕にも」

シンジ「え……っ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:19:38.72 ID:VvjcN5OH0
そんな予感はしてた

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:20:52.56 ID:64NdKEgaP
オウ…

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:22:19.02 ID:MmbxV9Zzi
やはりか...

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:23:53.31 ID:J779RJcZ0
これアスカ埋めたほうが平和じゃね?

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:26:25.92 ID:g7tiYaiG0
>>24
それでもシンジは彼女を愛してるんだ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:28:33.69 ID:uqdnw9wj0
アスカ「さらに別の日にもスワッピングぅ!?」

シンジ「う…うん。その時には同性同士でって」

アスカ「なっなによそれ。どう交渉したらそんな結論になんのよ」

シンジ「……ごめん」

アスカ「あああああもうっ。ほんっと、ほんっっっっと使えないグズね、あんたって!」

シンジ「……でも、一回はカヲル君とできるから」

アスカ「……そうね。それだけ楽しみにしとくわ。報告終わったなら、さっさとご飯作って」

シンジ「え。たまにはアスカが作るからって、だから今日は掃除当番を全部僕がって」

アスカ「予定は常に変わるものよ。もう掃除終わったんなら暇でしょ?早く!」

シンジ「はぁ……」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:29:15.46 ID:hEkhuaPq0
マリ「あたしの出番だにゃあ」
は…
なしですかそうですか…

www.amazon.co.jp/gp/product/B00F1ZM2PK/

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:31:54.60 ID:95EUqcsIi
カオル君はぐう聖かと思ったらやっぱりホモだった

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:41:45.26 ID:uqdnw9wj0
当日

アスカ「ンヒィィィぃぃっぃぃ! あああッ、ぃヒ、んぉっああああああ゛あ゛!」

カヲル「すごい声が出てるよ、アスカ」パンッパンッ

アスカ「ああぉぉぉぉほぉぉ! ぎもひぃぃぃのぉほぉっしゅごひぃぃンああああ!!」

アスカ(スゴいスゴいスゴいぃぃぃシンジなんかのと比べものになんないっっ!!!)

アスカ「かをるぅぅぅしゅきしゅきぃ、しゅきなのぉおあ゛あ゛っ!あ~~~~~ッッッ!!」

カヲル「……」

アスカ「~~~~!!!!」ビクビクビクビクッ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:42:22.87 ID:uqdnw9wj0
シンジ「ぅ……く」パンッパンッ

レイ「……」

シンジ「あや…波……ぅぅ」パンッパンッ

レイ(つまらない……何も感じない。これもセックス?碇君の?)

シンジ「はぁ、はぁ。もうっイっ」

レイ(いえ。きっと碇君のせいじゃない。カヲルとで慣れてしまったから……)

シンジ「あああ!」ドプッ

レイ「…? もう終わったの?」

シンジ「ハァ、ハァ、う、うん」

レイ「そう。良かったわね。もう寝ましょう」



アスカ「お゛お゛お゛お゛ほぉぉぉぉぉ~~~~~~~!!!!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:48:29.11 ID:uqdnw9wj0
後日

レイ「いい゛ひぁぁァン! アアっ! イっひぁぁ、アア゛ア゛!!!」

カヲル「可愛いよ…レイ」

レイ「ああっ! ンィぃぃっ! カ、ヲるッ、カヲルあああッあーーーーーッッッ!!!」




アスカ「…ぁ…ハァ、ン…カヲル……カヲル、カヲル……」クチュクチュ

シンジ(あの日から、アスカ、ほとんど口もきいてくれない。部屋に閉じこもってるばっかで……)

アスカ「カヲル、ぁぁ……ン、ステキぃ、カヲル、カヲル、カヲルぅぅ」クチュクチュ

シンジ「アスカ、聞こえる?ご飯、ドアの横に置いとくから、好きな時に食べて」

アスカ「ぁぁ、ウルサィ、バカが……ハァハァ、カヲル、カヲル、カヲルスキィィ……!」クチュクチュクチュクチュ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 10:49:55.18 ID:uqdnw9wj0
二回目のスワッピング当日

カヲル「いよいよ来たね。この日が」

シンジ「カヲル君……?」

カヲル「今夜こそ、君を身も心も幸せにしてみせるよ。シンジ君」

シンジ「ぁ……っ」



レイ「……」

アスカ「……」

レイ「……」

アスカ「……あんたと私で何しろっつーのよ」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 11:01:48.52 ID:uqdnw9wj0
レイ「そうね。することも無いし、お酒でも飲みましょうか」

アスカ「意外ね……人形女がそんなこと言うなんて。あんた飲めんの?」

レイ「少しなら。ビールがあるから、それで構わない?」

アスカ「ドイツ人だからビールって安直な発想。ま、いいけど」

レイ「……梅酒があるから、私はそれを貰うわ」

レイ(ビールは毒入り…カヲルを狙う弐号機パイロットには消えてもらうわ。後で碇君も……)

アスカ「この辺のコップ使うわよ? 注ぐのは私がするから」

レイ「ええ」

アスカ(で、こっそり毒を……っと。この女とシンジには消えてもらわなくっちゃ。カヲルは私の……)

アスカ「はい、どうぞ。この際、女二人で乾杯でもする?」

レイ「そうね」

アスカレイ「「乾杯」」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 11:07:14.98 ID:uqdnw9wj0
カヲル「ああっおふぅ、ああっあああ!」パンッパンッ

シンジ「あーーーーーー!!」

カヲル「シンジ君! シンジ君のナカ、最高なりぃ!!!」パンッパンッ

シンジ「カ……カヲルく、あああ! すごっカヲル君!!」

カヲル「あんなリリンの性悪女とは別れて、僕と永遠の刻をすごそうっっ!シンジくぅん!!」パンッパンッ

シンジ「ふぁぁ!! あああッああ! カヲル君! ぼくっまたイ……ぁぁぁあああ!!」

カヲル「シンジくん、シンジくん、シンジくん!!!」パンパンパンパンパン

シンジ「カヲルくん、カヲルくんカヲルくん!」ビクビクビクビク

シンジカヲル「「アーーーーーーーーーーーーーッ!!!!」」



こうして二人は幸せなキスをしました。オワリ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 11:09:14.03 ID:tcStoS2Z0
完璧なハッピーエンドだな

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 11:11:06.23 ID:1jMBPrN/0
完璧な作品だったか

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 11:11:17.80 ID:DG7zrjgUO

関連記事
人気サイト pick up

「スポンサーサイト」のコメント

「アスカ「『シンジに一回だけ何でも命令できる券』貰っちゃった」」のコメント

コメントを書き込む

AAも綺麗に貼れるはず

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。