最新コメント
月別アーカイブ

西暦(年)をクリックすると
その年の月別が表示されます。

カテゴリ

同一カテゴリの記事タイトル一覧が
30件づつ表示されます。

サイトないけんさく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相互サイト最新記事

阿笠「出来たぞ、光彦君に人間が経験し得る痛みを与える装置じゃ」

転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380285970/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:46:10.08 ID:sVLdHNfr0
阿笠「まったく、お前がどうしてもっていうからのぉ!」

コナン「効果のほどはどうなんだ!?」

阿笠「ふふん、わしをみくびるでないぞい!」

コナン「おおそうか!早速使わせてもらうぜ!」

阿笠「くれぐれも善用するんじゃないぞ~」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:46:58.83 ID:KK1bbd7N0
人間が経験し得ぬ痛みを知りたい

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:47:14.49 ID:xzXPGHhb0
人類が経験したことのない痛みじゃないのかよ

相互サイト最新記事
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:47:18.09 ID:sVLdHNfr0
灰原「あらコナン君おはよう」

コナン「おう!」

歩「あれれ?今日のコナン君機嫌いいね!どうしたの?」

コナン「ちょっとな!」チラッ

光彦「あーっ!コナン君また博士から玩具もらったんですね!いいなー!」

元太「うなっ、ジュー!」

コナン「なんだよ、やらねーぞ?」

光彦「えー!ずるいですよー!いつもいつも博士からすごいのもらって!たまには僕にも貸してくださいよー!」

コナン「バーロー、これはお前が触っていいもんじゃねーよ」

光彦「なんですかー偉そうに!コナン君僕たちと同い年じゃないですか!少しぐらい僕が触っても関係ないですよ!」

歩「コナン君、ちょっと貸してあげたら?なんだかかわいそう…」

灰原「見苦しいわね…」

元太「うにゅ?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:47:21.70 ID:XGDBMr3b0
博士がもはや悪人でしかない

8: 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:15) 2013/09/27(金) 21:48:07.04 ID:ZuC1mGds0
つまり出産と金的どちらが痛いか試せると

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:48:23.97 ID:sVLdHNfr0
コナン「しゃーねーなぁ、少しだけだぞ。ほらよっ」

光彦「わぁーい!ありがとうございます!うわぁすごい!沢山ボタンがありますよ!あっ、押しても大丈夫ですか!?」

コナン「知らねーよ、俺だってまだやったことないんだから」

光彦「えっ!?僕が最初ですか!?いいんですか!?やったぁー!うわぁ、ドキドキします…」

灰原「よかったわね」

歩「いいなー、私も玩具ほしいなー」

元太「…」ピクピク

光彦「よ、よぉーし、押しますよ?押しちゃいますからね?いいですね?」

コナン「はいはい、一回だけなー」

光彦「どれ押しましょうか、これだけ多いと悩んじゃいますね、あっ、これなんかどうでしょう、『こむら返り』って書いてあります、なんか可愛らしいですね!」ポチ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:50:12.27 ID:sVLdHNfr0
光彦「…」

コナン「…」

歩「…」

元太「ウゥ…」

灰原「あら、何も起きないわね」

光彦「あれ、おか…あ…?」ピクピク

コナン「どうした?光彦」

歩「なんか足震えてるよ?」

光彦「あぁ…?ああ、あ、あああぁあああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」

コナン「どうした!?急に地面に倒れこんで!!」

光彦「あ、あしが、足が亜ああああああががあがが!!!!!!!!」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:50:40.21 ID:oyKqBNug0
もの凄くワクワクしている自分がいる

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:50:53.79 ID:sVLdHNfr0
灰原「ちょっとなにしたのよ一体!!」

コナン「俺は知らねーぞ!こいつが勝手に―」

灰原「そんなことあるわけないじゃない!円谷君がボタンを押した瞬間にこうなったのよ!!」

コナン「なっ…偶然だろ!?」

元太「グルルルルルル!!!!」フーッ!

歩「見て!元太君が威嚇してるわ!」

灰原「ほらみなさい!ただ事じゃないわ!」

コナン「くそッ…どうなってんだよこれ!!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:51:38.72 ID:sVLdHNfr0
光彦「だ、だれかぁ、とめあああああ!?!!!!??」

灰原「くっ、原因があの機械にあるのは明白だわ!いったい博士に何をもらったの!?」

コナン「いや…ただの光彦に人間が経験し得る痛みを与えるスイッチなんだが…」

灰原「はぁ!?それがどうして光彦君にまで影響を与えるのよ!」

コナン「俺にもわからない!…いやまて、もしかしたらただの誤爆かもしれない!」

灰原「えっ!?」

コナン「博士の作品も完全無欠というわけじゃないだろ!?運悪く持ち主である光彦にあたったという可能性もある!」

灰原「…ということは…」

コナン「あぁ…それを確かめるために、今度は俺がやってみる!」ヒョイッ

灰原「だめよ!あなたにまで痛みが降りかかったらどうするの!?」

コナン「その時はその時だ。…博士によろしくと言っておいてくれ」

灰原「…馬鹿ッ!!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:52:55.78 ID:sVLdHNfr0
光彦「もうらめえええええ!!!足がビクビクして引きちぎれそうなのおおお!!!!」

コナン「…光彦、すまねぇ、俺が試してもいない機械を渡したばっかりに…」

光彦「れ…?こ、なん…君??」

コナン「だが、必ず俺が責任をとる!その痛み、絶対取り除いてやるからな!!!」

光彦「ぁ…無理、しないで、ください…もともと、は、僕が、ねだっちゃったん…です、カラ…」

コナン「バァーロォー!友達が苦しそうなのをほっとけるわけないだろ!!!」

光彦「!!!…あ…ありがとう、ございまず!!」

コナン「よし、じゃあいくぞ…!」

光彦「みなさん…!コナン君に力を…!!!」

コナン「いっけええええええええ!!!!!!!!」ポチ





『尿路結石』

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:53:53.02 ID:sVLdHNfr0
光彦「ふにゃあああああああああああああああああんんんんんんん!!!!!!!!!!」

歩「円谷君!!!」

灰原「なんてこと…コナン君!大丈夫!?」

コナン「あぁ…どういうことだよこれは…」

元太「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!!!!!」バキバキバキ

灰原「不味いわ!元太君が覚醒したわ!」

コナン「くそっ!歩美!元太を抑えろ!」

歩美「分かった!」

光彦「にょおおおおおおおおおおおん!!!!!!にゅおおおおおおおおおおおおおおおおおおんんんん!!!!???!?」

灰原「なっ!?これはブリッヂ!?人間がこれほど美しい曲線のブリッヂを描けるというの!?」

コナン「それだけじゃない!光彦の放尿が二重アーチを構築しているッ!!!評価A+ッ!!!」

灰原「綺麗ね…」ウットリ

コナン「あぁ…だがこれではっきりしたことがある」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:54:53.25 ID:sVLdHNfr0
コナン「この装置は、光彦にだけ掛かるものだけではなく、あろうことか、光彦にまで影響を与える!!!」

灰原「くっ・・・もしあなたが気付かずに、円谷君のいないところで光彦君にダメージを与えていたとしたら…」

コナン「あぁ、博士もそれが狙いだ。光彦に痛みを与えていると思ったら、実は光彦にも食らわせていたなんて!」

コナン「しかしなんでよりにもよって光彦なんだ!?博士、一体何のうらみがあって!!!」

灰原「ここでそれを考えている暇はないわ。今は円谷君をなんとかしないと!」

光彦「ふんぬおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」

コナン「くっどこかにねぇのか!?解決策は!!?」

灰原「その機械にリセットはないの!?」

コナン「リセットなんてない!…あ、いや…」

灰原「どうしたの…?」

コナン「ひとつだけ、やりてぇことがある…」

灰原「助かる保証はあるの…?」

コナン「分からねぇ…でも、今はこれ以外考えられない!」スタスタ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:55:47.88 ID:sVLdHNfr0
コナン「光彦、今の話聞いてたか?」

光彦「はい゛い゛い゛い゛!!!!!」

コナン「それで考えたんだが、ここにあるボタン、一斉に押そうと思う」

光彦「!?!?!?!?!?!?!?!」

灰原「なっ!それじゃあ本末転倒よ!」

コナン「いや!これしかないんだ!俺の仮説が正しければ、全ての痛みが中和して、光彦は解放されるはずだ!!!」

灰原「本当なの…!?」

光彦「いやだあああああ!!!なんでぼくがぁ!ぼくはがんげいないじゃないでうがぁあああ!!!!」

コナン「クっ…光彦、これしかないんだ!」

歩美「コナン君いそいで!もう元太君を抑えてられない!!!」

元太「ウナアアアアアアア!!!!!!!」ジュウウウウウウウウウ!!!!!

光彦「ひぃいいい゛い゛!!!もうなんでもいいですから僕を救って下さあああああいコナンくううんん!!!!!」

コナン「わかった!いくぞ!!!!!コナン流16連射ああぁぁあ!!!!」ポポポポポポポポポチチチ

『心臓麻痺』『椎間板ヘルニア』『こむら返り』『睾丸破裂』『フッ酸シャワー』『痛風』 

『アナフェラキシー』『群発頭痛』『出産』『骨髄注射』『肺炎』『尿路結石』『心臓麻痺』

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:56:39.14 ID:LK/9ZcN90
心臓麻痺した時点でもう死ぬだろ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:56:54.11 ID:sVLdHNfr0
光彦「ぎゃおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん!!!!!!!!!!!」バシュンッ!!!

灰原「跳んだッ!!!!」

歩美「もうダメっ…」

元太「ゴオオオオオオオオオオオオオン!!!!」

コナン「なっ、まさか…共鳴している!?」

歩美「嘘……人間を辞めるっていうの!?」

灰原「伸びる伸びるぐんぐん伸びる!ブリッヂからの射出記録は10Mを優に超えています!まさにに飛んでいます!!!」

コナン「バーロォ!!!戻ってこーい!!!」

光彦「ギャオッギャオッギャオオオオオオオオオオン!!!!!!」

元太「ゴオオオオン!ゴオオオオオオオオオン!!!」

コナン「鳴いている…求めあっているんだ…」

歩美「人の域に留めておいた元太が本来の姿を取り戻していく…」

灰原「人の欠けた呪縛を解いて、人を超えた神に近い存在へと変わっていく。」

コナン「天と地と万物を紡ぎ、相補性の巨大なうなりの中で、自らをエネルギーの凝縮態に変身させている。」

一同「純粋に光彦の願い叶える、ただそれだけの為に…」

48: 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:15) 2013/09/27(金) 21:57:50.64 ID:9ruRu7ck0
エヴァかよ、

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:58:14.34 ID:sVLdHNfr0
光彦「」ビターンッ‼!

コナン「墜落したぞ!」

歩美「任せて!」タタタ

灰原「元太君は…駄目ね…息してないわ…」

コナン「くっ…そっちはどうだ!?」

歩美「これは…ッ!!コナン君!」

コナン「なんだっ!?どうなった!?」タタタ

歩美「見て…」

灰原「これは…」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:58:57.36 ID:sVLdHNfr0
みちゅひこ「おぎゃー!おぎゃー!」

歩美「えぇ…元気な赤ちゃんよ…!」

コナン「光彦、お前母さんになれたんだな…!!!」ユサユサ

光彦「」

灰原「やめてあげなさい、疲れてるんだから。」

コナン「あぁ…そうだな!」

みちゅひこ「ふひゃああ、キャッキャッ」

歩美「どうしよう?この子」

コナン「ここに置いておくのもなんだろう。連れていこう」

灰原「どこへいくの?」

コナン「きまってるだろ?」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 21:59:44.56 ID:sVLdHNfr0
阿笠「おぉ新一、はやかったのー」

コナン「博士、てめぇ…」

阿笠「なんじゃ?怖い顔をして…」

コナン「自分が何やったかわかってねぇのか!!」

阿笠「はて?なんだったかのう」

コナン「クっ…光彦をボロボロにしておいて、なんて口をきくんだ!!」

阿笠「???。もともとそういう使い道だったろう?」

コナン「な…もともとだと!?やはり初めから仕組んでいたのか!!」

阿笠「んん?そうしてほしいと頼んだのは新一じゃろ?」

灰原「本当なの!?」

コナン「んなわけねーだろ!俺は光彦に人間が経験しうる痛みを与える装置の開発を頼んだだけで、何も光彦まで傷つけろとはいってねぇよ!」

灰原「だそうよ?」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:01:11.14 ID:sVLdHNfr0
阿笠「…だがら光彦に痛みを与える装置じゃろ??」

コナン「あぁ、なのになんで関係ねぇ光彦まで!!」

阿笠「…頭大丈夫かの?」

コナン「それはこっちのセリフだぜ!この落とし前、きっちりつけてもらうからな!」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:01:51.97 ID:sVLdHNfr0
阿笠「はぁ…新一、これをみてみい。」

コナン「なんだこのスイッチ」

阿笠「新一が爆散するスイッチじゃ。」

歩美「信じられない!!」

灰原「見損なったわ。」

コナン「この畜生が…!!!」

阿笠「そうかの。では次にこっちじゃ。」

コナン「これは…?」

阿笠「光彦君が爆散するスイッチじゃ。」

コナン「す、すげぇ!」

灰原「見直したわ…」

歩美「し、信じられない…」

阿笠「…」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:02:37.86 ID:3UPKK3vJ0
毎回だが光彦が何したっていうんだ

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:02:44.93 ID:sVLdHNfr0
コナン「ちょ、ちょっと貸してくれよ!」

阿笠「ほれ」ポイッ

コナン「お、おぉ…」ワクワク

歩美「コナン君、次私だからね!」

灰原「あら、私が先よ?」

コナン「バーロー、慌てんなって」ポチッ

みちゅひこ「」ボンッ

コナン「…」

歩美「…」

灰原「…」

コナン「あがさあああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

歩美「人でなし!信じられない!!!」

灰原「死んだほうがましね」

阿笠「」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:03:43.81 ID:sVLdHNfr0
灰原「手加減しないわ」

阿笠「そのボタン、二回押すと光彦君が復活するぞい」

コナン「はぁああ!?なんで光彦を生き返らせる必要があるんだよ!?俺たちの光彦は帰ってこねえんだぞ!?」

歩美「ひどい!円谷君が死んじゃったというのに、どうして光彦を生き返らせるの!?」

灰原「神経を疑うわ。」

阿笠「どれ、かしてみい。」ポチッ

みちゅひこ「キャ?」シュイーン

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:04:21.62 ID:sVLdHNfr0
コナン「な…光彦!?ど、どうして!?」

歩美「すごい…これは夢なの!?」

灰原「私たちの勝利ね!」

???「ちょっと待ってくださーい」

コナン「!?この声はっ!」パアアア

歩美「嘘っ…信じられない…グスッ」

灰原「ッ!!まったく、人騒がせなんだから…っ!」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:04:24.46 ID:oBik5Au/0
どういうことだってばよ……

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:04:55.87 ID:sVLdHNfr0
光彦「もぉひどいですよぉ、僕一人をのけ者にしてぇ。」

コナン「光彦…お前…生きて…ッ!!」

歩美「すごいよぉ!すごいよお!」

光彦「えっ、どうしたんですかみなさん、それにこれ…」

みちゅひこ「あ?」

光彦「あっ、もしかして僕ですか!?いやぁ~僕に似てカッコいいですねぇ!!」

コナン「バーローォ、何言ってんだよ///」

歩美「もうっ、円谷君ったらぁ!」

灰原「大切にするのよ。」

光彦「はいっ!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:05:29.68 ID:sVLdHNfr0
阿笠「…」

コナン「ッ!!は、博士…もしかして…」

阿笠「…」ゴゴ

コナン「答えてくれ!博士なのか!?これをしたのは、博士なのか!?」

阿笠「…」ゴゴゴゴ









阿笠「わしもうしらーんっ♪」アヘガオダブルピース

おしまい

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:05:44.08 ID:tQfeo2KbI
どうすんだよ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 22:06:03.06 ID:b9ug2T/y0
終わったwwww

関連記事
人気サイト pick up

「スポンサーサイト」のコメント

「阿笠「出来たぞ、光彦君に人間が経験し得る痛みを与える装置じゃ」」のコメント

279 名前: ふぇぇ名無しさんだよ :2013/09/28(土) 00:57:13このコメントに返信

光彦ェ....

コメントを書き込む

AAも綺麗に貼れるはず

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。