最新コメント
月別アーカイブ

西暦(年)をクリックすると
その年の月別が表示されます。

カテゴリ

同一カテゴリの記事タイトル一覧が
30件づつ表示されます。

サイトないけんさく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相互サイト最新記事

日本刀とかいう謎のテクノロジーwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:22:52.98 ID:npLTopWM0
本当に日本刀って凄いの?

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:23:17.16 ID:Wxm+eQ2ui
かっこよくはある

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:23:24.84 ID:sVlFufz60
すごいよ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:24:28.92 ID:u4k4mn1+0
紙落としたら重力だけで斬れるってマジ?

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:25:27.84 ID:DAsvt/oT0
アメリカの元軍人かなんかが昔の武器検証する動画見てみそ
他の刀剣と比べて一線を画してる

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:27:16.34 ID:4PaIG9Wa0
>>6
前にそういうの見たけど振り方悪かった
他の武器と同じように叩き斬ってた

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:27:52.31 ID:bz7RQ8CZ0
>>12
それでも他の武器より圧倒的に斬れるってぱねえな

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:28:43.81 ID:DAsvt/oT0
>>12
持ち方もなってないし、素人振りだったけど、威力は随一だっただろ

相互サイト最新記事
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:37:47.85 ID:tkr8dLAj0
>>6
これか


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:25:54.06 ID:Oy4rqlHW0
関市で現役の刀匠から打ち方習ったけど素手で火の温度計ったり色々ヤバイ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:26:04.86 ID:aPzpdl780
あれ製造方法面倒過ぎんだろ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:28:17.06 ID:Oy4rqlHW0
>>9
砂鉄を選り分けするのに一ヶ月とかかかる

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:26:11.64 ID:rIppKGIA0
日本刀って反りないやつもあるんだよな?確か

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:27:36.15 ID:DAsvt/oT0
>>10
忍者が使ってた奴とかかな
忍者は塀を越えるのに刀使ってたらしいから直刀だったそうな

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:26:58.32 ID:INMI7Tgq0
最高の日本刀は鎌倉時代の物という現実
素材とか含めていろいろ失伝しているんだろうな

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:27:51.75 ID:kqwlix7a0
今のテクノロジーならあれを超えれるものは作れると思う

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:29:17.32 ID:rJIdQv8s0
玉鋼が作れないんだっけ?

なんか西洋じゃ昔のダマスカス鋼が作れないとか金属加工職人天才多すぎだろ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:29:18.47 ID:+XJG6DtQ0
本当に鉄とか切れるのかな

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:30:51.60 ID:DAsvt/oT0
>>24
動画じゃ薄い鉄板斬ってたよ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:30:28.53 ID:rIppKGIA0
46cm砲も再現できないんだしな
職人ってどういう頭の構造だったんだろうか

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:30:37.09 ID:AtG5azrH0
日本刀は解明されてるからさほど謎じゃない
謎のテクノロジーは未だに製法が分かってない上にやたら切れるダマスカス鋼

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:32:58.90 ID:Oy4rqlHW0
>>27
一応ギベオンていう隕鉄混ぜたなんちゃって素材ならある
10センチくらいの刃鍛えるのに材料費15万くらいかかる

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:37:59.79 ID:AtG5azrH0
>>36
そういう似たもの素材としてるんだろうなと現在のテクノロジーで予想はつくらしいが肝心の製法がな
ダマスカス鋼はカーボンナノチューブ構造を内包してるらしい
どうやったってんだ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:30:57.48 ID:Oy4rqlHW0
つーか侍より刀鍛冶が戦った方が強いだろってくらい鍛冶屋は筋肉ヤバイ
中腰の体勢から20キロ近くあるハンマーを一時間位休まず片手で振り続けるくらいタフ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:36:02.39 ID:XC15+2720
>>30
あれテレビで撮るときだけで、普段は機械で打ってる

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:38:05.87 ID:Oy4rqlHW0
>>48
俺実際に教わりにいってだけど50くらいのじじいが一時間位叩いてた
機械は研磨でグラインダー使ったりはあったけど叩くのは基本人力

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:31:39.53 ID:11IEMXF/0
切れ味は凄いけど破壊能力でいうならロングソードと変わらん

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:31:51.25 ID:Hun5LZX00
鉄より硬いもので作ってんだからそりゃ切れるんじゃね

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:31:55.96 ID:rIppKGIA0
パワーがあるのと剣術ができるのは違うんじゃね?
合戦とかなら鎧も着るし

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:34:42.05 ID:Oy4rqlHW0
>>34
合戦でしたっぱが使ってたやつは何回も使い回してたなまくらだったらしく
切れないから勢いつけて殴って戦う方が多かったらしい

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:32:09.26 ID:dX9/49Yh0
だって首が切れるんだぜ?
しかもあれ試し切りが昔はされてたんだろ?
刀に2胴とか3胴とかなんとか書いてあってさあれはいくつの胴を同時に切れるかを示してるらしい


この前骨董品の売買の様子が取材されてて珍しい4胴の刀が有ったなwww

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:35:47.57 ID:DAsvt/oT0
>>35
あるな、画像が死罪人の死体で試し切りしてそれぞれの切れ味を記入した文献

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:33:14.02 ID:bz7RQ8CZ0
実用性の問題じゃねえんだよ
切れ味が凄いかどうかだ

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:34:58.36 ID:11IEMXF/0
>>37
めっちゃ凄いよ
人間の胴なら血が出る前に振り抜ける

38: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) 2013/10/25(金) 22:33:14.23 ID:gyNZLdwJi
打撃のダメージの方がでかいってまじ?

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:36:39.61 ID:Hun5LZX00
>>38
そりゃあれだろ西洋のソードだろ
鉄鎧ごと叩き潰すとかなんとか

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:34:04.94 ID:CKeiy5Ql0
鉄鉱石じゃなく砂鉄が原料ってのが凄いと思う

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:34:39.95 ID:DAsvt/oT0
信長の持ってた圧し切り長谷部

棚ごと小姓切ったと思いきや、棚の下に隠れた小姓ぶっ殺すため、棚の下に刀差し入れて、うんしょと力込めたら小姓が分断されたという切れ味

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:36:10.47 ID:vThG6cAs0
今ある日本刀は江戸時代からの刀だから対軽装・日常生活で使われる衣服用だから軽量、切れ味に特化してたり

戦国時代のやつは対重装で切れ味そこそこ、重量による追加ダメージ、リーチ稼ぐために長めだとか

時代によって違いすぎてよく分からん、地域差、個人の趣味、刀匠の趣味で細分化されすぎてなにがなんだか

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:38:05.34 ID:rIppKGIA0
反りって飾りなの?あった方がいいの?

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:41:10.96 ID:DAsvt/oT0
>>55
何か元々は馬上から斬りつけやすくするために反ったらしい
あと力学的言うと、重心の位置が高くなってモーメントが増すので、切っ先に高い威力が集中するんだと
あと普通に振り下ろしても引いて切ることができるとかな

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:41:22.95 ID:H8g9+y9E0
>>55
反りは元に戻ろうとする力が働いてる結果。

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:41:32.29 ID:Hun5LZX00
>>55
鞘との兼ね合いだろう
抜きやすいとか落ちにくいとか

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:43:33.70 ID:H8g9+y9E0
刃の部分と刀芯の部分の鋼の成分が異なり
冷やすときにあえて差をつけて冷やすので反りが生まれる。

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:44:22.55 ID:rIppKGIA0
なんかの本で反りの無い直刀の方が使えるって聞いた

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:45:50.48 ID:9sWoxxRt0
>>63
>>65
>>66
>>72
>>74
刀の反りですらここまで意見が割れてると面白いを通り越して不気味だな

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:39:28.54 ID:dtvr/zzm0
反りはあった方がいい。

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:39:37.48 ID:H8g9+y9E0
刀身が多層構造になっているために
しなるのに元に戻りやすい。つまり折れない

このバランスが絶妙。

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:45:15.87 ID:bz7RQ8CZ0
直刀だと抜刀術使えないじゃん

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:46:13.03 ID:KgoJ6Wv40
反りが合ったほうが衝撃力が強く鈍器としても役に立つ


『武功雑記』
・刀のそりよきころなるはあたりつよし、高麗陣に加藤肥後守、軍兵どもの
てきをきりあぐみたる時、肥後守いさましめて、馬上にて幾人きりたをし候や、
かぞへみよと申さるに、刀の直なるにてはあたりよはくて敵たをれず、
そりたるにてはきれずといへどもたをれぬはなし

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:46:18.57 ID:dtvr/zzm0
反りがない長いかたなのを好んだのは幕末の土佐、つくの主体だつたから。はばきもとの刃を落として握れるようにしたとも

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:40:57.62 ID:KgoJ6Wv40
まあ海外のものと比べて優れてたんだろうな

茅元儀 『武備志』
日本の刀は剛利で中国のものはそれに及ばない。


メイラン 『日本』
日本刀のすぐれていることは十分一般に知れ渡っているので、私が特別に
それについて話すまでもないことであろう。


アビラ・ヒロン 『日本王国記』
繰り返して述べるが、彼らは非常に闘争的で、容易に鉄が切れるほど精錬された
鋼鉄で作った残忍極まる鋭利な武器を使用する。


アーノルダス・モンタヌス 『日本誌』
戦いは日本人の頗る喜ぶ所なり。彼等の武器は鉄砲弓矢の外に刀あり。
刀は非常に能く鍛えられあればヨーロッパ流の刀身などは容易にこれにて切断せらるべし。


ゴロヴニン 『日本幽囚記』
鋼製品はどうかといふと、日本の大小刀は、おそらくダマスク製を除いて、
世界中のあらゆる同種の製品を凌駕している。
それは極端な試練に堪へる頑丈なものである。


チェンバレン 『日本事物誌』
日本刀は、その名も高いダマスコ剣やトレドで鍛えた剣をも凌駕する。
刃を傷つけずに銅貨の山を一刀両断することは決して難しい離れ業ではなかった。

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:41:14.72 ID:r3446v1l0
刀剣を商売で扱ってる奴が立てたスレがあったが鞘に入れて車で運んだら振動で鞘を切り割って飛び出してたとか

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:41:49.16 ID:9sWoxxRt0
理屈も分かってない昔の人が色々作った結果だけじゃああはならんよな
って思ってる

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:42:29.35 ID:AObD8wQf0
鎌倉時代とかの技術って江戸の頃に既に失われてるものが結構あったんだよなぁ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:43:12.24 ID:dtvr/zzm0
需要がないと継承されないだけ

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:44:01.15 ID:Oy4rqlHW0
実際作ってみると分かるけど下手くそが打つと刃紋が綺麗に出なくなる
これは鋼の一番いい部分が中心に集まらず片寄ってしまっているからで
結果刃の通りが悪くて振ったときに重心がぶれて切れない

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:44:43.13 ID:AtG5azrH0
玉鋼は生産量減ってるらしいな
需要がないから

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:45:07.19 ID:DAsvt/oT0
足軽戦法が一般化した応仁の乱以降は長槍が主力になったからなぁ

実際刀がどんだけ切れ味凄くても、力量同じなら長槍には勝てないから

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:47:27.61 ID:KgoJ6Wv40
>>77
用途が違う武器を比べてどうするのとしか
長槍が駆逐したのは同じ長柄武器で徒歩武者が使っていた薙刀であって刀ではないし
足軽は相変わらず刀を帯び続けている

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:50:16.56 ID:DAsvt/oT0
>>90
現在の居合いの達人の人、マジすごいけど、江戸時代以前はあんなのゴロゴロいたのかな

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:52:35.96 ID:vRLnPKrQ0
>>99
昔なんて今ほど娯楽なかったし、仕事しなくても年貢で食ってた時代の侍は尋常じゃなかったはずだぞ

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:53:37.45 ID:bz7RQ8CZ0
>>105
それ怠けやすくなるだけじゃね?

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:56:19.05 ID:kKt37sim0
>>109
だから江戸時代は平和だったんじゃね?

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:57:05.18 ID:bz7RQ8CZ0
>>115
平和だから怠けやすくなるんじゃね?逆じゃね?

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:54:27.89 ID:KgoJ6Wv40
>>105
刀狩り以前は帯刀していたのは侍だけではないし戦国だけあって凄まじく殺伐とした国民性だった


フロイス『日本史』
・日本では、今日までの習慣として、農民を初めとしてすべての者が、
ある年齢に達すると、大刀(エスパーダ)と小刀(アガダ)を帯びることになっており、
彼らはこれを刀と脇差と呼んでいる。彼らは、不断の果てしない戦争と反乱の
中に生きる者のように、種々の武器を所有することを、すこぶる重んじている。


ヴァリニャーノ 『東インド巡察記』
・世界中のあらゆる人種の中で、日本人は最も好戦的で戦争に没頭している。そのため、
若者であれ老人であれ、あるいはどのような地位の金持ちであれ貧乏人であれ、
十五歳をすぎると誰もが年がら年中、刀と脇差を帯にはさんで携行している。

・日本人は、人を殺すことを、動物を殺すことよりも重大には考えていない。
そのため取るに足りない理由からだけではなく、自分の刀の切れ味を試すためであれば
人を殺してしまうのである。各自は自分の屋敷でも人を殺すことがあり得るし、戦争が
実に絶え間ないので、大部分の人々が刀で命を奪われているものと思われる。

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:58:00.67 ID:9sWoxxRt0
>>112
銃刀法がなくなるとこの時代が再現されちまうのかな・・・
銃社会のアメリカよりやべぇ

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:56:19.08 ID:DAsvt/oT0
>>105
薩摩の武士とか、チエェェェ~!!って言いながら立木叩きまくって最後に折ってたらしいからな

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:58:14.63 ID:INMI7Tgq0
>>116
薩摩の武士は例外
当時でさえ異端扱いされてたし

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:47:14.74 ID:H8g9+y9E0
ちなみにはるか昔(平安時代とか)の刀は
鋼を何度も折り重ねる製法ではなかったので
不純物が多い。

それが逆に良いほうに影響して硬い刃になってたりもする。

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:50:13.55 ID:bz7RQ8CZ0
直刀であるメリットって突きがしやすいだけじゃね?

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:53:34.83 ID:npLTopWM0
>>98
幕末の新撰組で反りの少ない豪刀が人気だったのはコレかもな

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:58:30.39 ID:DAsvt/oT0
>>108
土方が平突きが得意で斎藤に教えて左肩手平突き一本(るろ剣の牙突)に昇華させて、隊志がそれ真似したとかかな

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:01:31.54 ID:NNav1Tbr0
>>124
平突は天然理心の基本技ね

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:11:53.65 ID:npLTopWM0
>>128
近藤勇のプローモーション力が異常なんだよな、天然理心流は
逆に言えば近藤勇は単なる道場主でしかなかったとも言える

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:13:22.91 ID:KgoJ6Wv40
>>143
人間的に近藤を憎んで罵詈雑言の類を尽くした阿部十郎もその剣の実力だけは認めるほどなんだが

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:16:17.17 ID:npLTopWM0
>>145
ならば、なぜ天然理心流の跡継ぎが沖田じゃないのか、ということになる
おそらく近藤が考えてた天然理心流は所詮、武家社会の中の一部であって、乱世に必須の人殺しの剣ではなかったんじゃね
なんだか講談みたいな書き方になったが、沖田が下馬評通り新撰組最強だったなら、このへんはますますわけわからんもんな

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:17:28.26 ID:KgoJ6Wv40
>>149
阿部十郎の評では沖田が新撰組最強とは読めんが
プロモーションがどうこう言う割にあんまりくわしくない人だね

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:29:57.68 ID:npLTopWM0
>>151
逆に、アンタこそ阿部十郎から離れろよ。新撰組の裏切り者である御陵衛士の一員が「新撰組の誰それが一番強い」なんて言うかよ
それだとまるまる、御陵衛士になった自分が結局は馬鹿ちんでした、って言うような話じゃないか。逆に阿部の立場でそりゃないだろ

そういうのも含めて、なぜ天然理心流の跡継ぎが谷の弟だったのかって話さ。通説通り沖田が強かったなら、なぜ谷周平はヘッポコ扱いなのか

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:45:12.68 ID:02NOeD610
>>167
元新選組、御陵衛士の阿部十郎は明治三十二年『史談会速記録』で以下のように言ってる

「沖田総司、是がマア勇の一弟子でなかなか能く使いました。其次は斉藤一と申します。それから是は派が違ひますけれども、
永倉新八と云う者がおりました。此者は沖田よりはチト稽古が進んでいました。」

「勇は百姓の子でありますけれども、なかなか此の事(撃剣)にかけましては熱心なものでございます。
で、それがために近村におきましては榊原健吉とか近藤勇といいました。
けれども実地(実戦)にかけましては、榊原健吉よりは近藤勇のほうが上だろうと云うのでございます。」

よく新撰組の誰が一番強かったかって話で沖田、永倉、斎藤の3人が挙げられるのは大体こいつのせい

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:01:46.10 ID:KgoJ6Wv40
>>124
土方なんて新撰組の史料を調べてもがっかりするくらい剣術絡みの逸話や情報が少ない人だわ
一方で斎藤は後に裏切った阿部十郎が新撰組の三人の強者に挙げるほどの実力者

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:52:54.27 ID:H8g9+y9E0
今の日本では「日本刀」というのは
「玉鋼から作る」ことが法律で決まっている。
刀匠は「研究目的」で「美術品」しか作れない。

日本刀みたいな形をした、違う材質の刀は
「日本刀」とは看做せないため、銃刀法違反になるという悲しさ。

最新のテクノロジーを使って超日本刀を作ろうとすると
関係各処の許可がないと作れないらしいぞ。

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:54:14.82 ID:ZcGDm72Z0
俺のちんこのほうが反ってる

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:02:39.54 ID:VeKVQqfa0
ようつべで見たら意外なほどぐわんぐわんしなってた
漫画で硬そうなイメージがあったけど実物はみょんみょんしてたわ

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:05:08.87 ID:Oy4rqlHW0
>>132
最初に物凄い高温で加熱するとよくしなるようになって加工しやすくなるらしい
ただ温度をあげすぎると結晶が粗大化して刃物として使えなくなるって書いてある

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:08:41.56 ID:H8g9+y9E0
>>137
そういうとこでもノウハウが多すぎて機械化が難しいんだろうな

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:11:48.67 ID:Oy4rqlHW0
>>139
一番ヤバイのが焼鈍しという工程があって型の整った鉄を灰にぶちこんで監視しながら一時間に20℃ずつのペースで特定温度まで熱冷ましするキチガイじみた工程がある
この工程次第で素材の組織が安定して切れ味が決まるといっても過言では無いらしい

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:14:09.07 ID:H8g9+y9E0
>>142
それってどのくらいの時間をかける工程なの?

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:17:09.35 ID:Oy4rqlHW0
>>147
作るものによるけど俺がやったときは10時間くらい飯食ったりしながら番をしてた
時短のために加熱で予め温度下げておく方法もある

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:21:57.84 ID:H8g9+y9E0
>>150
10時間か~。当然気温を気にするから大変だろうな。
そういえば、気温の変化が少ない季節にしか作れないって聞いたような気がする。

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:13:54.40 ID:lUXffdrL0
>>139
日本にしかない超硬大型ドリル作ってる会社があるがそれの温度の調整はベテランのおじいちゃんの目でしか判断出来ない
サーモセンサーだと表面の温度だけ読み取って中心温度までが分からないから、らしい

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:03:31.57 ID:Ep2tF9Rb0
安心しろ峰打ちだ

いやいや当たり所悪ければ死にますって

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:04:27.35 ID:g7aK8Bg00
>>134
逆刃刀で不殺で御座るwww

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:26:35.44 ID:9M9PUeUhP
トリビアでやった時は日本刀は拳銃、ウォーターカッターとこなしてきて
マシンガンならどうなの?という種で登場したのがブローニングM2重機関銃というあきらかなオーバーキルにたしかフルメタルジャケット
どういうものかというと車の後ろに隠れた敵兵を車を貫通してミンチにして民家の壁と冷蔵庫を盾にしても貫通する代物
これで撃たれて刃が欠けて固定がゆるみ傾き7発目で折れた

バターナイフは拳銃で撃った鉛玉だから薄さとある程度の強度があれば弾はひとりでに割れる

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:30:26.38 ID:sgo1nvZN0
>>160
いきなりブローニングかよwww

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:30:31.59 ID:H8g9+y9E0
>>160
そもそも、刀の同じ箇所に衝撃を与えるというやり方は
刀の使い方には無いから、そのトリビアもどうなのかなーって思った記憶があるw

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:28:11.63 ID:INMI7Tgq0



実用 としてはコールドスチールのものが優れているよ

関連記事
人気サイト pick up

「スポンサーサイト」のコメント

「日本刀とかいう謎のテクノロジーwwwwwwwwwwwwwwwww」のコメント

コメントを書き込む

AAも綺麗に貼れるはず

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。