最新コメント
月別アーカイブ

西暦(年)をクリックすると
その年の月別が表示されます。

カテゴリ

同一カテゴリの記事タイトル一覧が
30件づつ表示されます。

サイトないけんさく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相互サイト最新記事

梓「唯先輩と付き合う事になったけどキス以上してこない…」

転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1375068681/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 12:31:21.68 ID:ucg3jMZ90
梓「実はあんまり好きじゃないのかな」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 13:38:24.95 ID:BDFTFU/LO
はよ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:15:40.82 ID:0A7W3OMA0
梓「もうこうなったら私からキス以上のことをしてやるです!!」

梓「というわけで唯先輩が留守のうちに唯先輩の部屋に忍び込んでやったです!」

梓「ふふふ…これで唯先輩が部屋に帰ってきた瞬間に襲いかかれば…!」


唯『ただいまー』ガチャ

梓『おかえりなさいそしていただきます!!』

唯『!?えっ!!?ちょっ…!!あずにゃん!?』

ギシギシニャンニャン


梓「うん……!いける……!!」

相互サイト最新記事
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:19:39.20 ID:0A7W3OMA0
ガチャ

「ただいまー……っていっても誰もいないかー」

梓「って噂をすれば!!唯先輩帰ってキター!!」

梓「これであとは襲い掛かるのm」

ガチャ

梓「…ってあれ?また玄関のドアの音が……?」

「あれ?唯、私たちの以外の靴があんじゃん。他に誰か来てんの?」

梓「これは……律先輩の声!?な、なんで…?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:23:23.05 ID:0A7W3OMA0
ガチャ

「どうしたんだ律。いつまでも玄関に立ってられたら私たちが入れないだろ」

梓「……み、澪先輩の声まで…」

「いや、なんか私たち以外の靴があってさー」

「どれ。…ってこれ梓の靴じゃないか?」

「梓の?あぁ、言われてみればアイツそんな靴はいてたかもなー」


梓(あ!しまった!!玄関の靴、隠すの忘れてた!!)

ガチャ

「てことはつまり唯ちゃんのうちに梓ちゃんが来てるってことね!?」

梓「や、やっぱりムギ先輩もご来場に……」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:25:35.23 ID:0A7W3OMA0
「なんだよー、唯。いつの間に梓なんて呼んだんだー?」

「えー、私あずにゃんなんて呼んでないよー?」

「だって。現にここに梓の靴があるじゃないか」

「!謎は全て解けたわ!きっと梓ちゃんは唯ちゃんがいないうちにきっと忍び込んだのよ!」

梓(ば、バレた!?)

「あずにゃんが…?でも何のために…?」

「でも梓がこの家のどっかに隠れてるのかー。面白そーじゃん!私たちで探そうぜー」

梓(ヤバイヤバイヤバイヤバイ……)

「わたし、唯ちゃんの家に忍び込んだ梓ちゃんを探すのが夢だったのー」

「じゃあ手分けして探すか」

梓「ど、どうしよう…!!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:27:40.93 ID:0A7W3OMA0
梓「と、とにかく隠れなきゃ!!ど、どこか隠れる場所は…!!」

「次は唯の部屋でも探してみるかー」

梓「も、もうこうなったら!!」ホドキホドキ

ガチャ

「あーずさ、いるかー?……って澪?」

「ど、どうしたりつせ…律。ここには梓はいないぞ」


「…あれ?さっき一階ですれ違わなかったっけ?」

「き、気のせいじゃないか?私はさっきからずっとこの部屋を探してたんだ。」

「…てか澪、なんか小さくなってないか?ちょっと背比べてみようぜ」

「き、気のせいだろ!!目の錯覚だよ目の錯覚!!ほ、ほら律も他の部屋探してこいよ」

「いや、私もこの部屋が気になってるからなー、私も一緒に探すよ」

「い、いいって!!もうこの部屋は十分探したから!!隣の部屋行けって」グイグイ

「えー?…わかったよー」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:30:12.20 ID:0A7W3OMA0
ガチャ

「律ー、この部屋に梓いたか……って誰!?」

「み、澪です!!!(ほ、本人様来ちゃったー!!)」

「!? み、澪が二人!?」


「え…?ど、どっちが本物なんだ…?」

「わ、私に決まってる!(もうヤケクソです!)」

「な…!?偽者はお前だろ!!」

「違います!私は本物だ!!」

ギャーギャー


ガチャ

「うるさいよー、どうしたの……って澪ちゃんが二人!?」

「コイツは偽者だけどな」

「ちがう!偽者はコイツだ!!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:34:22.23 ID:0A7W3OMA0
ガチャ

「どうしたの唯ちゃ……ってあらー!梓ちゃんみーっけ!!」ガシッ

「!?何するんだムギ!!はなせ!!」

「ダメよ~。さぁ、何で唯ちゃんの家に忍び込んでたのか話を聞かせてもらわなくちゃ♪さぁ行くわよ!」

「わ、私は梓じゃないのにー…」ズルズル

バタン

「ふぅ…(なぜかムギ先輩が澪先輩のほうをつれてってくれて助かったです)」

「でもなんであずにゃん私の家にしのびこんだんだろー?」

「決まってるじゃないですか。唯先輩とギシニャンするためですよ。」

「まぁ理由だろうなー! …ってあれ?」

「あっ!!(しまった!!つい欲望が口から…!!)」

「コイツ梓じゃねぇか!!唯、私ちょっとムギと澪呼んでくるな!!」ガチャ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:37:03.20 ID:0A7W3OMA0
バタン

梓「あ、あ…(終わった…何もかも…)」

唯「~♪」ガチャガチャ

梓「…?どうしたんですか唯先輩、部屋のカギしめて…?」

唯「え?決まってるじゃん。いまからあずにゃんとギシニャンするためだよ」

梓「えっ…?えっ!?」

唯「あーずにゃん!!」

梓「にゃー!!!」

ギシギシニャンニャン


紬澪律「計画どおり…!!」


おわれ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:44:20.40 ID:vLFrZqDY0
かわいい

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 14:59:28.44 ID:HJ6SGX9V0
センパイ四人みごとな連携だったな
おつ

関連記事
人気サイト pick up

「スポンサーサイト」のコメント

「梓「唯先輩と付き合う事になったけどキス以上してこない…」」のコメント

コメントを書き込む

AAも綺麗に貼れるはず

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。